小林秀雄全作品〈21〉美を求める心

  • 65人登録
  • 3.89評価
    • (7)
    • (2)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 小林秀雄
  • 新潮社 (2004年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106435614

小林秀雄全作品〈21〉美を求める心の感想・レビュー・書評

  • 表題にもなっている「美を求める心」、そして「蟹まんじゅう」が好きでした。小林さんの文章を余すところなく楽しむためには、音楽・美術・哲学・文学・歴史・旅など本当に手広く通じている必要があるように感じる。前提知識がある分野とそうでない分野とでは、読み応えも感じ方もまるで違う。自己研鑽を積む中で思い出したように読み返してみると、次々と新しい世界に出会えるような気がします。

  • 「入学前準備教育」で使用されるテキスト。

    「美を求める心」は、昭和32年54歳の春、小・中学生のために書いた。美はどうすれば見えてくるか、自分のものにできるか。その心構えをやさしく語る。「喋ることと書くこと」等を収録。
    (Amazonより)

  •  美術や音楽に触れるとき、それらに関する本を読むのもよいが、もっとも大切なことは、何も考えたりしないで、いろんな作品を多く、実際に鑑賞することである。

  • 本当はこの本は
    ハードカバーの装丁本を買うべきです。
    とてもいい装丁。

    白州正子、がお好きな文化御婦人たちも
    これを読んで一層ウンチクを増やすと
    ミホミュージアムなどで
    人気者になれます。

    やはり小林秀雄って仏文科出身なのねぇ、
    と思ってしまうところもあり。

  • 2009/
    2009/

    喋ることと書くこと. 自由. 読書週間. ボオドレエルと私. 批評について. ゴルフ随筆. 栗の樹. 鉄斎3. ピラミッド1. ゴッホの墓. 感想. 常識. 福田恒存「文化とはなにか」. 美の行脚 河上徹太郎対談. 小説. 菊池寛. 教育. 理想. ハムレットとラスコオリニコフ. 民主主義教育. モオツァルトの音楽. 感想. 文芸春秋と私. ギリシアの印象. 鉄斎の扇面. 美術を語る 梅原竜三郎対談. ことばの力. エヴェレスト. ほんもの・にせもの展. 吉田茂. 坂口安吾選集. ドストエフスキイ七十五年祭に於ける講演. 蟹まんじゅう. 美を求める心. 鉄斎4. 鎌倉. 幸田文「おとうと」. 感想. 「地獄の季節」訳者後記3. 谷崎潤一郎全集. 国語という大河. 悪魔的なもの. 火野君の思い出. 神西君の飜訳. 小林秀雄 亀井勝一郎著.

  • -絵は、眼で見て楽しむものだ。(中略)先ず、何を措いても、見ることです-

    小学生や中学生のために、美の見つけ方を説いた一冊。実は、この本ではなく「生誕百年記念展」の際に出版された「小林秀雄 美を求める心」という本をご紹介したかったのです・・・。が、残念ながらオンラインの本屋さんには売っていないようです。ぜひ古本屋で探してください。表紙は小林秀雄の横顔を捉えたモノトーンの写真です。小林秀雄が批評の対象にした西洋・日本絵画や骨董の写真と、それぞれの中に小林秀雄がどのように「美」をみつけたのか、が書かれています。気を取り直して!まずは手に入りやすいこちらもお手にとってみてください!!!読んで損なし!

  • 美とは?芸術の価値とは?という問いについて小林秀雄の思想を述べた文章。

    「美しい」ものを「美しい」と思えることを論理的に賞賛してくれる。

全8件中 1 - 8件を表示

小林秀雄全作品〈21〉美を求める心を本棚に登録しているひと

小林秀雄全作品〈21〉美を求める心を本棚に「積読」で登録しているひと

小林秀雄全作品〈21〉美を求める心はこんな本です

ツイートする