山本周五郎長篇小説全集 第一巻 樅ノ木は残った(上)

  • 31人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (5)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 山本周五郎
  • 新潮社 (2013年6月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (549ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106440410

山本周五郎長篇小説全集 第一巻 樅ノ木は残った(上)の感想・レビュー・書評

  • 長い小説だった。ストーリーはさほどでもないが、人物の描写がいい。
    他人に理解してもらいたいという欲求、言いたいことをがまんする堪忍。この2つのせめぎ合い。つぎつぎと、短気を起こしていく旧知の人たち。
    山ごもりして育った幼少期、ぐちゃぐちゃな思春期を抜け出し、芸能をよりどころとして生きていく武士の子、この2つがほんとうの生き方として提示される。
    それでもお家大事で家臣たちを死に追いやる。けっきょく武士としてしか生きられないヒーロー。いろいろな役職をこなせてしまう能力があるからこそ、背負い込まざるを得なかったのかもしれない。
    凡庸であることの幸せをかみしめたい。

    忠臣蔵並みに有名な話だが、本作を読んではじめて詳細を知った。

    山田太一の解説付き。

  • 13/09/18。やっぱりここに戻るおいらの人生。

  • いつ頃読んだかも思い出せない位、前のことであったが、全集の初回本ということで上下2巻購入。一気に読破、仙台が舞台でもあり感銘。

全3件中 1 - 3件を表示

山本周五郎長篇小説全集 第一巻 樅ノ木は残った(上)を本棚に登録しているひと

山本周五郎長篇小説全集 第一巻 樅ノ木は残った(上)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

山本周五郎長篇小説全集 第一巻 樅ノ木は残った(上)を本棚に「積読」で登録しているひと

山本周五郎長篇小説全集 第一巻 樅ノ木は残った(上)の作品紹介

わかってくれる、誰か、がいる! 「脚注」で読む、新しい山本周五郎。気高く、懸命に生きる人々の姿を描く山本周五郎の長篇・中篇小説27作品を網羅。全作品に物語をより深く味わうための画期的注釈を付す。巻末には、主要登場人物一覧や作品舞台の地図・系図、人気作家諸氏による特別エッセイ「山本周五郎と私」、さらに現代第一線の山本周五郎研究者による書下ろし作品論を収録。全26巻、ついに刊行開始!

山本周五郎長篇小説全集 第一巻 樅ノ木は残った(上)はこんな本です

ツイートする