山本周五郎長篇小説全集 第七巻 赤ひげ診療譚・おたふく物語

  • 14人登録
  • 4.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 山本周五郎
  • 新潮社 (2013年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (482ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106440472

山本周五郎長篇小説全集 第七巻 赤ひげ診療譚・おたふく物語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2006年に読んだ本を再読。
    今年の9月に、朝日新聞の「悩みのるつぼ」で、非行少年の社会復帰の仕事をしている24歳の男性が、「やりなおしがきく社会を作りたい、ハンディキャップを背負った人たちの支えになりたいと思っていた入社当時の自分と現在の自分がかけはなれてしまった」という悩みを相談されていた。
    回答者である経済学者の金子勝さんが、山本周五郎の「赤ひげ診療譚」をあげておられ、もう一度読み直したくなった。

    前回の自分の書評も「すばらしい本だった。読めてよかった」であったが、当時はこの物語を保本の視点で読んでおり、保本の成長していく姿に感動していたと思う。
    この9年間に自分もいろいろ経験し。世の中のことも当時よりは広く知ることができたからか、前回より深く味わうことができた。
    貧困、無知、貧困の世代連鎖、虐待・・江戸時代の特別なことではなく、現代の社会も変わっていない。赤ひげの姿勢は現代の社会福祉にも通じると思った。

    〝人間のすることはいろいろな面がある。暇に見えて効果のある仕事もあり、徒労のように見えながら、それを持続し積み重ねることによって効果があらわれる仕事もある。おれの考えること、して来たことは徒労かもしれないが、おれは自分の一生を徒労にうちこんでもいいと信じている。” 

  • ふと図書館で、「山本周五郎賞の山本周五郎ってどんな小説を書いているんだろう?」と疑問に思い、借りた一冊。『赤ひげ診療譚』が黒澤監督の『赤ひげ』の原作だとも知らず…。

    連作短編。解説にもあるように、小さい謎解きと大きな謎解きがとても上手で次々読みたくなる。言葉の古さもさほど気にならない。

    主人公の若い男性が、赤ひげ(診療所の医長)や患者とふれあううちに、成長していく。特にラストの八章で苦難の道を選ぶ主人公に感動した。

全2件中 1 - 2件を表示

山本周五郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
角田 光代
山本 周五郎
有効な右矢印 無効な右矢印

山本周五郎長篇小説全集 第七巻 赤ひげ診療譚・おたふく物語はこんな本です

山本周五郎長篇小説全集 第七巻 赤ひげ診療譚・おたふく物語を本棚に登録しているひと

山本周五郎長篇小説全集 第七巻 赤ひげ診療譚・おたふく物語を本棚に「読みたい」で登録しているひと

山本周五郎長篇小説全集 第七巻 赤ひげ診療譚・おたふく物語を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

山本周五郎長篇小説全集 第七巻 赤ひげ診療譚・おたふく物語を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

山本周五郎長篇小説全集 第七巻 赤ひげ診療譚・おたふく物語を本棚に「積読」で登録しているひと

山本周五郎長篇小説全集 第七巻 赤ひげ診療譚・おたふく物語の作品紹介

たとえ、それが徒労だとしても――。「脚注」で、さらに深まる物語の味わい。心ならずも養生所の見習医となった保本登は、“赤髯”と呼ばれる医長の強引さに反発し療養施設での医療に戸惑う。しかし、一見乱暴な言動の裏に秘められた赤髯の信念を知りしだいに真実を見る眼を開かれていく……。黒澤明監督による映画化でも知られる医療小説の最高峰! 下町人情が胸に沁みる『おたふく物語』を併録。

ツイートする