沈まぬ太陽〈1〉アフリカ編 (山崎豊子全集)

  • 21人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 山崎豊子
  • 新潮社 (2005年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (645ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106445316

沈まぬ太陽〈1〉アフリカ編 (山崎豊子全集)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 二つの祖国に続き2作品目の豊子さん??隅々の描写まですごく丁寧で、この本を書くために半端なく勉強されたんだろうなぁと思わされる。細部まで細かい描写でどんどん引き込まれて、あっという間に読めてしまう?

  • 週刊新潮連載時、週刊新潮がJAL機内から姿を消したというエピソードを持つ『沈まぬ太陽』。報復人事、御巣鷹山、利潤追求…、その人間模様と社会性、壮絶な事故の描写は他の追随を許さない生々しさがあります。『白い巨塔』の財前&里見助教授を彷彿とさせる恩地&行天の対決も怖い…。巻末の取材協力者と主要参考文献の一覧も圧巻です。

  • 不当な人事でアフリカに飛ばされたり、嫌な仕事をさせられたり。
    それでも会社にいてめちゃめちゃ仕事もしてる姿はすごい。
    かなりの長編だったけど全体的におもしろかった。

全4件中 1 - 4件を表示

山崎豊子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

沈まぬ太陽〈1〉アフリカ編 (山崎豊子全集)の作品紹介

巨大航空会社のさらなる拡大路線。空の安全を願って会社と闘った恩地元は、海外僻地勤務10年という流刑に-。

沈まぬ太陽〈1〉アフリカ編 (山崎豊子全集)はこんな本です

ツイートする