青が散る (宮本輝全集)

  • 26人登録
  • 3.85評価
    • (4)
    • (3)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 宮本輝
  • 新潮社 (1992年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (484ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106454035

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

青が散る (宮本輝全集)の感想・レビュー・書評

  • 大学の頃、社会人の先輩に人生の一冊だから読んでみてと言われて、読んだときは何も感じず…。
    それから10年以上経って再度読み直し。

    簡単に言うと、大学時代の無駄な時間の過ごし方。
    そこから、人生とはまで。

    この本の中では、主人公はテニスに明け暮れる。
    その後の人生になんのやくにも立たないと分かっているけど、テニスに明け暮れる。
    でも、その中で人生の中でのかけがえのないものがある。

    大学の4年間。何でもできる4年間。何にもできない4年間。
    自分は、何をしてきたのか。

    しかし、この中に出てくる青年は、純過ぎる。夏子とどうなるのか。気になる。

  • 著者の追手門大学の学生時代がモデルの青春小説。主人公椎名燎平と金子、夏子、そして貝谷、佑子、安斎たちの新設大学での学生生活スタートの描写は、私自身の大学入学の4年前の情景だが、今どきの大学に置き換えても新鮮。3月末に新設大の窓口で入学手続きを迷う燎平と夏子の出会いから始まり、卒業までの4年間は、青春の匂いたっぷり。彼らの社会人生活がこれからスタート。石屋川から六甲山へドライブ道!梅田新道のビアホール、岡本の山手の高級住宅街、香櫨園テニスコート。ファンファタールの夏子は、ナイーブな可愛い面も備え、燎平との微妙な心の通い合いが胸を打つ。金子との友情もホッとする。また貝谷と安斎、燎平とポンクのテニスの死闘場面が真に迫る迫力描写。

  • 私たちと同じ大学生の四年間を丁寧に描いています。大学に通う中で知り合った友人との別れや恋などがリアルで考えさせられます。
    ぜひ、一度読んでみて下さい。

    熊本県立大学:M

全3件中 1 - 3件を表示

青が散る (宮本輝全集)の作品紹介

ひたむきにテニスにうちこむ青春の群像-新設大学のテニス部員たちをとおして若さのもつ苦渋と輝きを定着した瑞々しい青春小説。

青が散る (宮本輝全集)はこんな本です

青が散る (宮本輝全集)の単行本

青が散る (宮本輝全集)の文庫

ツイートする