武満徹著作集〈1〉

  • 45人登録
  • 3.65評価
    • (5)
    • (1)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 武満徹
  • 新潮社 (2000年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (396ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106462016

武満徹著作集〈1〉の感想・レビュー・書評

  • 武満徹の文章に接すると、かれは言葉についても、音をさがしもとめるような、おそるべき綿密さの集中力によって、ひとつひとつ選びあげたのではないかと、耳を澄ませて読むような心において、ほとんど傷ましさに似た、感銘をうけるのである。(大江健三郎)

  • 日本語による最も美しいエッセイの一つ「音、沈黙と測りあえるほどに」収録。

全2件中 1 - 2件を表示

武満徹著作集〈1〉を本棚に登録しているひと

武満徹著作集〈1〉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

武満徹著作集〈1〉を本棚に「積読」で登録しているひと

武満徹著作集〈1〉の作品紹介

日本が生んだ天才作曲家の執筆活動の全容。武満徹が残した多くの文章は、深い洞察と自在無碍な批評精神に溢れ、彼の音楽創造の核心に触れるために欠かすことのできないものである。武満が死去して4年、ここにその魅力的な言葉の世界を集大成する。

武満徹著作集〈1〉はこんな本です

ツイートする