海の都の物語―ヴェネツィア共和国の一千年〈上〉 (塩野七生ルネサンス著作集)

  • 211人登録
  • 3.96評価
    • (39)
    • (30)
    • (41)
    • (1)
    • (0)
  • 25レビュー
著者 : 塩野七生
  • 新潮社 (2001年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106465048

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

海の都の物語―ヴェネツィア共和国の一千年〈上〉 (塩野七生ルネサンス著作集)の感想・レビュー・書評

  • ヴェネツィアを旅してみて、なぜこのような住むのに不便な地を選び、そこに都市を築いたのかということが不思議でした。ヴェネツィアの過去の栄光を見ただけに特にそれを感じたものです。その謎から本は始まります。1500年前のヴェネツィア建設。その立地故にむしろ、海の都(水の都ではなく!)として発展せざるを得なかった歴史は日本、英国などが貿易立国を目指さざるを得なかった背景と同じであり、面白いですね。後半はライバル・ジェノヴァとの死闘120年。ジェノヴァとの国民性の違いを通しても、ヴェネツィアがいかに独裁制を廃し、民主主義を貫こうとしていたか、またローマ法王からも自主独立を実現し、ビザンチン、イスラム文化との接点としての国際都市の役割を持っていたということは当時としては大変な革新的な国だっただろうと圧倒される思いでした。

  • ヴェネツィアの壮大な歴史がわかって面白い!!

  • ヴェネチア共和国の興亡史。この人の地中海シリーズと言えば、『コンスタンティノープルの陥落』『ロードス島の攻防』『レパントの海戦』の3部作が有名だけど、そのバックグラウンドとして当時の地中海世界を知るのに最高の1冊。この本を持ってヴェネチアに住んでみたくなる。 下巻はヴェネチアが「亡」に向かうからか、上巻ほどの高揚感がないのが難点。

    しかしカテゴリ分けに悩む一冊やなぁ。

  • ローマ帝国滅亡後のヨーロッパが気になり
    読みまくってます。この手の本を。

    ヴェネチアに関する興亡を描く上巻だけど
    まず地政学的な思考の勉強になります。
    この本は。


    ローマ時代を把握してから読んだほうがいいけど
    読んでみなはれ〜。

  • ・天然資源は塩しかない、人的資源も不足
    ・そこを通商条約でカバー
    ・共同体の利益追求
    ・ライバルはピサ商人とジェノヴァ商人
    ・ヴェネツィアは、「宗教の介入」を元首を国民から選ばれた代表にすること
     「人の欲望」を議員を世襲制にすることで抑えることとした
    ・人間の良識を信じないことを基盤としていたヴェネツィア共和国政体は長く存続した
    ・ヴェネツィアの運河は、船を通す未知としてよりも、水を通す未知として作られた(洪水の危険、水が腐り伝染病の原因になる危険)
    ・一個人に権力が集中することを避けてきたヴェネツィア共和国では政治的暗殺が一度も起こらなかった
    ・地位の上下を問わず誰もが無防備で街中を歩けた珍しい国
    ・「奉仕の騎士」精度

  • 圧巻、塩野歴史絵巻。
    ヴェネツィアの興亡を丹念に描いた傑作。
    実際に訪れた跡に読んだので、情景が目に浮かび、一気に下巻まで読み通した。
    なぜ、あのような特異な土地の小さな国家が、かくも長い期間、地中海の覇者として隆盛を保ってこれたのかがはっきりと分かる。

  • 目からウロコの一冊 塩野作品で一番好きな1冊

  • 史上最も長い政体を保ったヴェネツィア共和国の1000年の歴史を語る塩野七生女史の長編。

    地中海史において、強国として君臨し続けたにもかかわらず、日本でその歴史を記載した書籍があまり多くないだけに、通史を読みやすく構成してくれた女史の力量に感謝。

  • 小国の政治はこうあるべきだ。
    すべての政治家に読んで欲しい一冊。

  •  ルネサンス傑作集の4巻。「海の都の物語」の上だけなんだが、まぁ終りに後書きもあったので、これだけで1カウントにしますです(苦笑)
     ヴェネチアを水の都ではなく、「海の都」と言っただけで塩野七生はすごいと思う。ようするにヴェネチアの歴史を、追っていくのだけどただ単に歴史を書くというより、その時代の人物、いや匂いが、感じられる。
     と、人の性格っていうのは環境の与えるものが多くて、それは長年堆積していくうちに「地域性」てことになっていくんだろうな。今更だけど。

  • 古代ローマに関する本は多いが、ヴェネツィアに関する本は未だ少ない。

    その意味だけでも読む価値はあると思う。


    観光都市ではない頃のヴェネツィアがわかる。

    ローマ人の物語より簡潔で読みやすい。

  • ARIAでヴェネツィア・ヴェネツィアに興味がわき手を出した一品。
    『ローマ人の物語』で有名な塩野七生さんの作品。

    海洋国家ヴェネツィアがいかに成立し、どうして長きに渡って繁栄できたのかが分かりやすく書かれています。現代日本の示唆になるようなことも書かれているのでは、と思います。

    『ARIA』とこの『海の都の物語』を読んで、更にヴェネツィアに興味がわき、是非一度訪れてみたいと思うようになりました。

  • 世界史担当教諭の紹介で。塩野七生さんに、そしてイタリアの魅力にすっかり取り憑かれた本。

  • 私をイタリアマニアの巣窟へ陥れた一冊。ここの本から不思議でなおかつ美しい海の都に魅入られた私。ある意味私の本を読む姿勢を変えた名著。

  • 高校の図書館で初めて出会って以来、歴史を読み解く視点の面白さにハマりました。初めてルネッサンスに触れたのもこの本からです。

  • ヴェネツィアの超現実的な対外政策が印象的

  • ヴェネツィアの歴史
    英雄を作らないという共和国を創ったヴェネツィア人
    その起源から特異的な制度を詳細に語る

  • 国王の時代に「共和国」として生き続けた都市国家ヴェネツィア。その成り立ちから終焉までを塩野さんが愛情を込めつつも冷静に描き出しています。ここに描かれているヴェネツィアは、非常に頭の良い悪く言えばずる賢い(笑)したたかな国家です。情報のスピードと貴重さを知り尽くし「キリスト教徒であるまえにヴェネツィア市民」であることを誇りとした共和国。国を守るための政治とは、決して綺麗事ではないのです。

  • (手持ち)
    ほとんど全著作をもっている塩野さんの本のなかでこの本はアメリカに持ってきました。交商国家だったヴェネツィアの歴史と日本が比べられることが多く、「元気がない」と言われて久しい日本を外から見ている間にもう一度考えて見たかったのです。
    ヴェネツィアは最後に文化的に爛熟し、ナポレオンの攻撃でその栄華に幕を引きました。日本が最近サブカルチャーで「文化大国」となりつつあるのがその予兆だとしたら。。。方や数世紀の栄華、方や数十年の繁栄。
    だから、日本がんばろう、と思うのです。

  • 「ローマ人シリーズ」よりこちらの方が好きかもしれない。と言うほど大好きな本

全25件中 1 - 25件を表示

塩野七生の作品一覧

塩野七生の作品ランキング・新刊情報

海の都の物語―ヴェネツィア共和国の一千年〈上〉 (塩野七生ルネサンス著作集)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

海の都の物語―ヴェネツィア共和国の一千年〈上〉 (塩野七生ルネサンス著作集)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

海の都の物語―ヴェネツィア共和国の一千年〈上〉 (塩野七生ルネサンス著作集)を本棚に「積読」で登録しているひと

海の都の物語―ヴェネツィア共和国の一千年〈上〉 (塩野七生ルネサンス著作集)の作品紹介

群雄割拠、他国の侵略も絶えないイタリアにあって、一千年もの長きにわたり交易で欧州を席巻、自由と独立を守りつづけた海洋国家ヴェネツィア。異教徒との取引にも積極的であった一方、聖地奪還を旗印にする十字軍に荷担しつつ、これを巧みに利用して勢力範囲を着々と拡大する-そんな現実主義者たちが地中海を舞台に壮大なドラマを繰り広げる。政治経済はもちろんのこと、そこに生きた人々の暮しぶりや息づかいまで詳述した、塩野ルネサンス作品中一番の大作。

海の都の物語―ヴェネツィア共和国の一千年〈上〉 (塩野七生ルネサンス著作集)はこんな本です

海の都の物語―ヴェネツィア共和国の一千年〈上〉 (塩野七生ルネサンス著作集)の文庫

海の都の物語―ヴェネツィア共和国の一千年〈上〉 (塩野七生ルネサンス著作集)のKindle版

ツイートする