ドナルド・キーン著作集〈第1巻〉日本の文学

  • 34人登録
  • 4.40評価
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Donald Keene 
  • 新潮社 (2011年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (573ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106471018

ドナルド・キーン著作集〈第1巻〉日本の文学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いま、古事記から現代まで日本文学の通史を学びたいと思えば、ドナルド・キーン先生の「日本文学の歴史全18巻」を読むのが最適でしょう。

    もともと英米向けの英文テキストだったのですが、評判を得て日本語に翻訳されたものです。というより、通史としてこれほど精緻に通じている日本の国文学者がいないということです(日本の学者先生にもがんばっていただきたい)。

    外国人(先生は現在は日本に帰化され日本人です)に日本文学を習うという妙な経験となりますが、思えば西洋化した今日の日本人にこそわかり易い入門書となります。

    さらに言えば付記された英文のほうが読みやすいとさえいえるのです。

    平成11年に編まれた本書「ドナルド・キーン著作集十五巻」のうち第1巻は愉しい話ばかりで読んで飽きることがありません。

    とくに「私の日本文学」の講演集のくだりは放送や録音テープで何度も聴いていますので、先生独特のやわらかな日本語がよみがえってじつに心地よいのです。

    「日本文学散歩」では週刊朝日には場違いな文学者たちを登場させひとりほくそ笑んだそうですだが、編集者も喜んだにちがいないでしょう。宗長、橘曙覧の話などいま読んでもおもしろいのです。

    日本人ドナルド・キーン先生のファンは全国津々浦々おいでしょう。先生のご健康とご長寿を祈念しましょう。

  • 【全集内容】
    P 11~ 日本の文学 
    P141~ 日本文学散歩
    P291~ 古典を楽しむ 私の日本文学
    P411~ 古典の愉しみ
    P501~ 日本文学の国際性

    日本の文学
     内容が高度すぎてついていけないところがある。引用をひこうにも、その文説も語るに十分な内容をどこで切ればよいか迷っている。
     P49以後 劇には4種の形態があり、能楽、人形浄瑠璃、歌舞伎、新劇ががる。
     能楽は比較的最近に使われるようになった呼び名で、元は猿楽を元にしている。書記の猿楽は原始的なもので、これに対し外国の影響を認めるかどうかは難しい。また田楽というものもあり。これは刈り入れなど農業の行事からおこったものになる。田楽は神社と関わりをもっていた。これらはその知識がきわめて不完全のため、一三世紀及びそれ以前に行われた、猿楽と田楽がどういう関係にあったのか区別するのは難しい。能は一四世紀には今日の形態をとり、14世紀最後に最高の表現にまで達した。それに貢献したのは。観阿弥清嗣と世阿弥元清だった。
     他4つは良く理解できなかった。もっと具体的な記述がほしいと思った。
     P63 以降 著作の流れとしては、紫式部/『源氏物語』『平家物語』『時秋物語』『太平記』西鶴/『好色一代男』『日本永代倉』が挙げられていた。19世紀はにほんの小説にとって最低の頃に来た時期であり、それは徳川幕府の政府による検閲が大いに影響していた通される。

    《日本の文学》読了後
     めっちゃ!楽しかった!!読みやすく、キーン氏の表現にニマニマしながら読んだよ!
     日本と世界の作品類似性の考察、日本文学が海外に浸透しない・できない理由、また、ある作家の主題にして物語の背景を示し、独自の解説をつけたりしていた。
     知らない作品も多く紹介されており、全部読んでみたいと思った。
     『日本の文学』の題名で、物難しく感じるかもしれないが、とてもそんな感じはしなかった。
     著者が”外人”のためか、それとも”個”のから生み出されたのか違いは分からないが、その意表を突く解説が小気
    味よくちりばめてあり、読みあきることがなかった
     もう一度読みたい本。

  • とりあえず「日本の文学」のみ読了。あとはそれぞれの単行本で読むことにする。いろいろな示唆に富んだ良書だった。日本文学を俯瞰で考えることができた。これから小説や詩を読むときに、新しい楽しみ方ができそうだ。

  • 素晴らしい日本文学者。外国人の目線から見た日本文学なのかと思いきや、それだけにとどまらない。三島由紀夫の解説も良い。
    細雪の解説を読み、自分が欧米文学を好み、日本文学を物足りないと思う所以がよくわかった。標題作のみ読む予定だったが、全て目を通すことにする。

全4件中 1 - 4件を表示

ドナルド・キーンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
円城 塔
冲方 丁
三島 由紀夫
カズオ イシグロ
ドナルド キーン
西 加奈子
ジャレド・ダイア...
山田 詠美
葉室 麟
川上 弘美
アクセル ハッケ
有効な右矢印 無効な右矢印

ドナルド・キーン著作集〈第1巻〉日本の文学に関連する談話室の質問

ドナルド・キーン著作集〈第1巻〉日本の文学を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ドナルド・キーン著作集〈第1巻〉日本の文学を本棚に「積読」で登録しているひと

ドナルド・キーン著作集〈第1巻〉日本の文学の作品紹介

誰よりも日本を愛し、誰よりも日本文学を深く究めた著者の、70年に及ぶ執筆活動のエッセンス。人麻呂、正岡子規、紫式部、樋口一葉、そして世阿彌から近松、黙阿彌まで、文学史に輝く人物はもちろん、無名でも面白い作品を残した作家、感動的な歌を詠んだ詩人たちにも光を当てた。処女作「日本の文学」を始め六篇を収録。

ドナルド・キーン著作集〈第1巻〉日本の文学はこんな本です

ツイートする