ドナルド・キーン著作集〈第6巻〉能・文楽・歌舞伎

  • 11人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Donald Keene 
  • 新潮社 (2013年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (421ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106471063

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ドナルド・キーン著作集〈第6巻〉能・文楽・歌舞伎の感想・レビュー・書評

  • 古典芸能に寄せる無類の尊崇と愛情

    私は西洋音楽が好きで、殊にモザールのオペラを愛していて、電脳上のあざ名を「あまでうす」と名付けているくらいだが、その大好きなモザちゃんの遥か高みを天駆けるのが浄瑠璃と江戸歌劇場の下座音楽である。ちなみに三島由紀夫の最愛の音楽は「人形抜きで演奏される浄瑠璃」だったが、さすがと膝を打たずにはいられない。

    よしんばそれがどんな下らない演目、下手くそな演奏であろうとも、その最初の太夫の一声、三味線の撥の一撃、太鼓の一打を耳にした途端に全身が蕩けて陶然となってしまうこと、かのエーリッヒ・クライバーの棒の一閃による「フィガロの結婚」の序曲の開始のエランヴィタールの比ではなく、これこそ私たち日本人の原始心母に先天的にうがたれた天然情動装置の仕業に違いない。

    さて本書には、最近晴れて日本人となられたキーン翁が若きアメリカ人時代から孜々と筆を進めた能と歌舞伎と人形浄瑠璃に関する論文やエッセイが一巻にまとまられているが、かくも私たちを理屈抜きに感動させる古典芸能の成立史やその魔術の謎、世界に冠たる芸術の特性についてきわめて精緻に解き明かされている。

    例えば能の役に応じて使用される衣装の色彩の「位」や、文楽の人形を操る三人の人形遣いの実際の仕事がこれほどきめ細かく具体的に記述されたことが、かつてあっただろうか。

    また翁が若き日にものされた「文学的主題としての継母の横恋慕」と題する論文では、聖書、古代エジプト・インド神話と文学、ホメロス、エウリピデス、ラシーヌ、今昔物語、源氏物語、大唐西域記、宇津保物語、摂州合邦辻などを縦横無尽に引用して、東洋と西洋におけるヒッポリュトス的三角関係を見事に論じている。

    この本は読んで為になるばかりか、読者に一刻も早く能や浄瑠璃が上演される舞台や劇場に駆けつけたいと思わせる不思議な魅力に満ちているが、その原動力とは翁が本邦の古典芸能に寄せる無類の尊崇と愛情だろう。

全1件中 1 - 1件を表示

ドナルド・キーン著作集〈第6巻〉能・文楽・歌舞伎を本棚に登録しているひと

ドナルド・キーン著作集〈第6巻〉能・文楽・歌舞伎を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ドナルド・キーン著作集〈第6巻〉能・文楽・歌舞伎を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ドナルド・キーン著作集〈第6巻〉能・文楽・歌舞伎を本棚に「積読」で登録しているひと

ドナルド・キーン著作集〈第6巻〉能・文楽・歌舞伎の作品紹介

洋の東西を問わず、世阿彌をしのぐ詩人がこの世界にいただろうか。近松門左衛門は、シェイクスピアの影すら薄れるような大作家ではないか。また、歌舞伎ほど役者の個性と才能を引き立たせる舞台芸術もほかにはない。自ら謡を習い、狂言の太郎冠者を演じるまでになったキーン氏が、独自の視点から、古典芸能の歴史、特質、そして比類なき面白さを綴った名解説。

ドナルド・キーン著作集〈第6巻〉能・文楽・歌舞伎はこんな本です

ツイートする