マイガール 1 (BUNCH COMICS)

  • 2227人登録
  • 4.03評価
    • (416)
    • (221)
    • (338)
    • (17)
    • (4)
  • 251レビュー
著者 : 佐原ミズ
  • 新潮社 (2007年4月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784107713254

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
オノ・ナツメ
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

マイガール 1 (BUNCH COMICS)の感想・レビュー・書評

  • なんて素晴らしい漫画なのでしょう。
    絵もすごく綺麗だし、設定もいい。
    切なくてあったかくて優しくて、とっても好きな雰囲気の作品です。

    ドラマは見たことないけど、見てみたいような見たくないような(笑)

    この人の作品は先に『ほしのこえ』(短編アニメーションが原作)を読んだことがあって、その時にも絵も構成もすごくいいなぁと思いました。
    で、『マイガール』の作者さんらしいと知って、この作品を手に取ってみたというわけなのですが。

    カラーのページがあるのも良いですよね!

    続きも読みたい作品です。
    良作!!

  • 淡い絵がきれいで良かった。経験がないのもあるけど設定は突飛な感じでモヤっとした。あとうさぎドロップ同様男の子だったらうまいこと話進まないんだろうなーと思ってしまう。

  • 以前、ずっとずっと前。
    少女漫画の読み切りで気になった作家さん。本屋で見つけて速攻買ってすぐに泣かされた。

    この漫画で何度泣かされただろう。
    登場人物みんなが優しい。

  • ほのぼの温かくてじんわり心に沁みる…

  • ガチ泣きした漫画。作画から切なさが滲み出ている…

  • いいんだけど、すごくいいんだけど、小学生なのに哲学っぽい事言い過ぎなのでは…。
    鉄楽レトラは高校生だから、それなりにしっくり来るんだけど、もっと小学生はいい子もいるけど捻くれてるものでしょ。

  • 本当に温かくて良い話。ほっこりします。感動もします。家族っていいもの。

  • ほのぼのしてました。
    初対面の5歳の子といきなりすんなり住めるものかな~と思いながらも、頑張る主人公や子供たちの姿が良かったです。
    カラーはとてもきれいでした!

  • すごくきれいで優しい物語。疲れているときに読むと癒される。

    正宗君があっさりコハルちゃんとの生活に慣れたのはちょっと拍子抜けしたけど、あえてそう言った「生活上のすれ違い」「慣れない生活への苛立ち」みたいな所を描かない所がすごくいいなと思う。

  • 亡き恋人が残した、自身の子を育てていく過程で、
    様々葛藤があり、前進できないで居る訳だけど、
    「子供」がいたことで救いになったような気もする。
    肝心な所で頼ってもらえなかったって言うのは
    痛いよなあ~と思う。

  • 佐原ミズってことで若干期待しすぎたかもしれない
    そんなにあっさりといくかな?親権とか国籍とかどうなってたんだろう?
    親というものが強いのかあの二人が強いのかどっちなんでしょう

  • 絵がきれいー!
    内容的には良くあるパターンかな。
    3巻まで読了。

    シングルファーザーになった正宗くんと
    イイコに育ってるコハルの物語。

    けれど、
    周囲の大人にとっての「イイコ」っていうだけで
    本当は、聞き分けの「良い子」どもにならざるを得なかったコハル。
    今後、コハルが本当の意味で子どもになれる日はくるだろうか。

  • 絵がキレイ(女性らしい繊細なタッチの絵、カラーページも美しい)、ぐっとくる台詞や展開がいくつかある。物語の設定自体が、複雑な家庭環境の親子を描いた作品で、自然と惹きつけられる。
    でも、ちょっと惜しいところもあった。親子ものでありながら、『よつばと』などとは違い、さり気ない日常の描写にリアルが感じられない。例えば、保育園に迎えに行くのであれば、その帰りの道中で子どもが何か面白い生き物を見つけてはしゃいだり…とか、そういうのは全くなく、ただ迎えに行き次のコマでは家に帰っている。複雑な家庭環境の親子であるからこそ、そういった日常描写の中で絆が深まっていく様子を、見たいと思ってしまう。
    あと、子どもがいかにも大人が考えた子どもという感じ。大人びた子どもが世の中にいることは分かるけど、これはまるで大人がコナン君さながら小さくなって子どもを演じているよう。
    読んでいて雰囲気もあるし、好きな所もあるんだけど、全体的に少し荒いところもあると感じました。個人的には、似たテイストの漫画だったら『うさぎドロップ』の方が面白かったです。

  •   ほしのこえ で 知った漫画家さん、とても淡い絵を描く。
     ブックオフで安かったので全巻購入。絵柄と同様の優しい話。
     作者は女性なんだろうなあ。
      過ぎていく時を感じさせる展開がいい。子供って すぐ大きくなるなあ。

  • なんてほっこりするんだ!!
    絵も柔らかくて表紙の色の優しくて。
    考えすぎるのに子どもも大人もないんだなあ。
    「大きくなると相手を思いやる気持ちが狭くなっちゃう」ああそうだ。と思った。 まさに自分だと。

  • 前ドラマを見ていてついに完結したということだったので買いました!!
    すごくほんわかした絵に惹かれました。ドラマですきだった「お月様」の話があってそこが特にすきです。普段「家族」がテーマの話はそこまで読みたいとは思いませんがマイガールは少し違った家族のカタチがとても好きです。

  • 悲しくて優しい話。
    泣いた。ちょっとだけ、、
    ところどころ、考えさせられた。
    子供って単純に見えて、考えすぎている子もいる。

    ここで、読み終わってみて印象に残った言葉をひとつ。
    「たったひと言親に大丈夫だと言ってもらえたらそれだけで僕等は選んだ生き方に胸を張ることが出来るようになるんだよ…」

    こんなに誰かを一途に思いつづけることってできるだろうか。
    これから、どうなるだろう?気になる。

  • 娘がいい子過ぎて…怖い。
    物わかりが良すぎて、将来が心配になる。
    いや、いいお話だけども。

  • アメリカで母を亡くし、日本に戻ってきた娘と二人で暮らすことになった父親の物語。登場する子供たちの大人びた言動と、些細なことで右往左往する大人たちの様子が対照的で、いいホームドラマだった。実際、テレビドラマにもなっているみたい。佐原ミズは、絵にも話にも独特の雰囲気があっていいね。BUNCHコミックス全5巻。

  • ダーサン乙女蔵書。いろんな意味でキレイなマンガだ。

  • 実に趣味のいい漫画というか、切に味のいい漫画というか。

    家族 ー 父と母と子と ー とは、簡単に崩れるものじゃない、とは『幸福な食卓』に通ずる。
    でも父と母と子、その全てがいない家族。物理的に皆が揃っていても、揃っていない家族。

    家族って、どんな繋がりなんだろう。どうして、繋がりがあるだなんて考えるようになったんだろう。
    マイガールが、教えてくれる。

  • 2012 4/12読了。借りて読んだ。
    1-4巻まで一気読み。感想は最後にまとめて。

  • 本当に好きな漫画
    嵐の相葉くんが好きで漫画を読みはじめたけど、今ではテレビより断然漫画派(*^^*)
    一話一話、せつなさと優しさがつまっていて何度も読み返せる
    きっと大人になっても読むであろう数少ない漫画です

  • 1~5巻すべて読了。
    さらさらさら~と読んでしまった。
    おじさんと女の子、というよりはどっちかというとお兄さんと女の子、だったのでニアミス。
    悪くはないけど、起伏もない感じ。
    ときめきがあるかというとうーん、みたいな。

    たぶん腐ってるからだと思うけど、あの同級生の男の子とお父さんがなんかもうそう言う風にしか見えない感じが個人的につらかった。
    妄想です。

全251件中 1 - 25件を表示

マイガール 1 (BUNCH COMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

マイガール 1 (BUNCH COMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マイガール 1 (BUNCH COMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

マイガール 1 (BUNCH COMICS)のKindle版

ツイートする