バス走る。 (BUNCH COMICS)

  • 1404人登録
  • 3.93評価
    • (230)
    • (172)
    • (242)
    • (14)
    • (2)
  • 137レビュー
著者 : 佐原ミズ
  • 新潮社 (2007年6月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784107713360

バス走る。 (BUNCH COMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 絵が綺麗ね。でもなんかいかにも青年漫画っぽいタッチ。
    男の人が書いた綺麗な絵みたいな。

    何話か入ってるけど『めがね泥棒』と『オトナノ制服』が良かった。この人の書く男の子が不器用で可愛い。
    青春キュンキュン。

  • 佐原さんの作品は、本当に”才能”を感じます。
    とにかく、イラストが美しい・・・。

    恋愛の短編集です。
    切なかったり、さわやかだったり、きゅーんとしたり、
    いろんな話がありましたが、私は
    「めがね泥棒」が一番すきです。
    学生の頃のドキドキ感がよみがえってきます~。
    彼・彼女の両方向からの目線でかかれているのが、またニクイね!

  • バス走る。
    いくつかのバス停、さまざまな人々の物語を描いた短編5編。
    同時収録の”ナナイロセカイ”は学園ラブストーリー。

    メガネ男子率が高い?
    『マイガール』の正宗くんもそうだし。
    メガネ男子が好きなひとも楽しめる。
    個人的には、”ナナイロセカイ”の加納くんがかなりツボ!
    好きな子のことで、真っ赤になったりするのが、可愛いっ!

    『マイガール』は家族愛、人間同士のつながりを描いたコミック、という印象なのに比べ、この『バス走る。』は全編通して恋愛色が強く感じる。
    きゅんきゅんしまくって、またもや泣く私。
    涙腺が緩んでいるに違いない。
    甘酸っぱくて、微笑ましくて、また素敵な読み心地に襲われてしまった。
    特別ドラマチックな展開ではなく、ハタから見るとベタにすら見えそうな展開なのに、描き方が抜群に良くて、嫌味や押し付けを感じないんだなぁ。

    バンチコミックスって、青年誌だし、うーん…と懸念もあったけれど、めっちゃピュア、どの作品も。
    でも、少女マンガっていうグループでもない。
    別にドロドロ、ヒリヒリしていないし、キスシーンすら稀なんだけれど、これは大人向けのコミックだな、と感じる。
    大人になった今だから楽しめる”何か”がこの作品にはある気がした。

  • 表紙がすんごくすてきっ!

    バスのお話が5話と、ナナイロセカイが2話収録

    高校のときバス通学だったとしても
    こんな出会い遥かに無縁でしょうな…

    『めがね泥棒』
    かわいい

  • 両思いの男女がそれぞれの視点で思っている話が好き。日常がかがやいてる。

  • ん〜色が綺麗。
    佐原ミズさんさすが素敵です。

  • 胸がきゅんきゅんする。

  • 恋が始まりそうな予感。

  • 佐原ミズ短編集。どれも初々しくて可愛い恋愛が素敵です。
    最後の幼なじみ同士の話もキュンとなって好きです。
    お奨めします。

  • 青春。眩しい。

全137件中 1 - 10件を表示

佐原ミズの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

バス走る。 (BUNCH COMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

バス走る。 (BUNCH COMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バス走る。 (BUNCH COMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする