ウロボロス 1―警察ヲ裁クハ我ニアリ (BUNCH COMICS)

  • 481人登録
  • 3.67評価
    • (23)
    • (61)
    • (61)
    • (4)
    • (1)
  • 47レビュー
著者 : 神崎裕也
  • 新潮社 (2009年6月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784107714855

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ウロボロス 1―警察ヲ裁クハ我ニアリ (BUNCH COMICS)の感想・レビュー・書評

  • 「ウロボロス 〜この愛こそ、正義。〜」
    TBS系 金曜22時
    出演:生田斗真、小栗旬、上野樹里、吉田鋼太郎、吉田羊
    http://www.tbs.co.jp/OUROBOROS/

  • 子供の頃に大事な人を失った復讐のために、一人は警察、一人はヤクザ組織の中からターゲットに近づこうという2人組の話。まだ1巻なのでそこまでハマってはいないけれど、設定としては面白い。今のところヤクザのたっちゃんが一方的にイクオを助けている形だけど、それだけの関係ではないはずと期待。

  • イクオが想像と違ってふにゃふにゃしてて、驚いた。和む。事件と対峙した時との差があっていいな。

  • ドラマ化でレンタルコミックがどこにも置いていない状況から脱却して、やっと読み始められた。
    こういう設定好きです。
    これからの展開が楽しみ

  • ドラマでハマって原作を取りあえず10巻まで一気買い。
    原作のイクオが刑事なのに目立つアイボリー系のスーツに身を包んでいる謎が解けたシーンがありました。
    背中越しに会話するタッちゃんとの対比がすごく好きです。
    白と黒のコントラストが綺麗。
    何の躊躇もなく目的の為に引き金を引くイクオも、ホームレスに段ボールを届けるイクオもどちらも同じイクオなのにギャップにドキドキしております。
    これからが楽しみ。

  • 2015.02.13.読了。
    ドラマ化したし、LINEマンガで定期購読していたが、なんともまどろっこしいので、会社の同僚が大人買いしたと聞き、1巻から5巻まで借りる。

  • 2015年1月クールで始まったドラマ『ウロボロス』(TBS系)。小栗旬と生田斗真主演です。その原作本がこれ。とりあえず・・・第1巻を読んでみました(^^)/

  • 夫が連載開始時から好きで集めている作品ですが、私は絵柄が苦手で喰わず嫌いでした。

    ドラマ化決定ということで、試しに読んでみると…お話は面白いです!
    テンポのいい展開でグイグイ惹き付けられました。

    ただ、物語の性質上仕方ないのでしょうが、凄惨な性描写が時々あったり、悪役の表情がたまらなく怖いのがツライかな…。

    年長キャラの阪東さんと三島さんが好きです。
    一気読みがおすすめ。

    誉田哲也さんの姫川玲子シリーズを愛読している方は好きなテイストかもしれません。

    2016.4 22巻まで

  • 施設育ちの好対照な二人の男。一見凡庸な刑事と切れ者ヤクザ。恩師殺しの犯人が巨大組織に潜むと知った彼らは、正反対の道を往き闇で共闘する。合間の兇悪事件を次々と解決しながら、巨悪に近づく二人を待ち受けるのは?
    「相●」+「The De●arted」+「只●仁」。身も蓋も無い言い方をしてしまえば、これに尽きる。
    折角の題材なのに、ストーリーが薄っぺらすぎ。挿話が伏線迄いかないレベルで、じっくり詰めきれず被疑者死亡(=射殺)に逃げすぎ。ヒロイン的女性刑事も魅力的でなく、ウザキャラなのはマズい。作者のこう書きたいんだよ~という理想に現実(=実力)が全く追い付いてないんだよね。。正直、作画も微妙。実写化の方がまだ期待できるのはどうなんだかな。

  • ~17

    内容けっこう好きなんだけど、

  • 警察と暴力団。
    すごく面白かった!続きが楽しみ。
    有楽町TSUTAYAにてサイン本購入。

  • おとぽけキャラは世を忍ぶ仮の姿、実は検挙率ナンバー1の主人公。正面切ってのポリスものは珍しいし、絵がキレイなのは嬉しいが、内容はお粗末。「警察という名の大木の樹液の蜜は甘んまいぞぉ」なんてな絵に描いたよう悪役舌なめずりをしながら出てくる。事件もたわいない。

  • 1~17巻まで読了。

    大切な人を目の前で殺された幼馴染2人が、復讐のため刑事とヤクザというそれぞれの道わかれて犯人を追う。

    ギャップのある主人公は好きだけど、犯人を問答無用で殺しちゃうとか主人公の壊れっぷりにビックリ。
    事件や登場人物たちのことがもう少しわかってくれば、もっと楽しいかも。

  • いわゆる必殺仕事人系の話。警察の不正がメインテーマになっているのがきわどく楽しい。サブを固めるのも信頼できる警察の敵。狂気具合もアクセント。

  • BookLiveー巻無料で読了。つかみはOK。何も描かれていない15年前の事件。これからのストーリーにどう絡んでくるのか。15年と聞くと時効という単語が思い浮かぶが、法を超えた裁きを下す彼らに関係あるのか。先が気になる。

  • bookliveキャンペーンにて

    裏社会と表社会から子供時代の敵を探しだす話
    1巻だけではよくありそうな話ですがそこそこ面白いです

  • bookliveセール
    爽快感を感じるものであって、実現可能性をいうのは野暮というものですね。

  • これからが楽しみ…

  • イクオくんが一見、デスノのLっぽい……とか思ったけど、性格はそうでもなかったぜ!!

  • 面白いの一言。でも、実際に隠蔽されてる事件って沢山あるのかもしれないよな。って思ったりした。

  •  警察モノ。
     うーん。設定は面白いのかもしれないけれど、物語が地味なので、リアリティの薄さが目立ってしまう。まだ序盤だからかもしれないけれどね。

     たぶんクライマックスではいい加速を見せてくれるのではなかろうかと。

  • TSUTAYAでレンタル。

    少年時代に巻き込まれた事件で、大切な人の死を「なかったこと」にされてしまった2人の主人公。その死の事実をもみ消した相手は、その現場にいた警察。

    真相を暴くために、自分も警察になったイクオと、裏社会に生きる極道の竜哉。表向きには決して交わらない2人が協力し合い、闇に隠れて事件を解決して行く。

    1冊の中での事件の解決スピードが速くて読みやすい。ストーリーの展開もドラマを見ているように、良い意味で分かりやすい。

    犯人を全て射殺するっていうのはちょっと過激すぎる気もする。この作品の完結までに何人殺すつもりだろう。海外ドラマなんかだとそこまで気にならないけど、やはり日本の警察にはここまでの拳銃発砲現場が見られないと思うと少し不思議。

  • TSUTAYAで1~10まで借りて、試し読み。警察に恨みを持つ2人の少年が大人になって、警察官とやくざになり、事件を解決しながら警察幹部への復讐を狙うっていう話。けっこうおもしろい。早く続きも出ないかな。

全47件中 1 - 25件を表示

ウロボロス 1―警察ヲ裁クハ我ニアリ (BUNCH COMICS)に関連する談話室の質問

ウロボロス 1―警察ヲ裁クハ我ニアリ (BUNCH COMICS)に関連するまとめ

ウロボロス 1―警察ヲ裁クハ我ニアリ (BUNCH COMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ウロボロス 1―警察ヲ裁クハ我ニアリ (BUNCH COMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ウロボロス 1―警察ヲ裁クハ我ニアリ (BUNCH COMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ウロボロス 1―警察ヲ裁クハ我ニアリ (BUNCH COMICS)はこんなマンガです

ウロボロス 1―警察ヲ裁クハ我ニアリ (BUNCH COMICS)のKindle版

ツイートする