南国トムソーヤ 1 (BUNCH COMICS)

  • 343人登録
  • 3.86評価
    • (26)
    • (43)
    • (35)
    • (3)
    • (0)
  • 31レビュー
著者 : うめ
  • 新潮社 (2012年7月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784107716699

南国トムソーヤ 1 (BUNCH COMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  うめ新刊ということで購入。離島で起こる様々なことにたいしてチハルたちが関わる話。離島ならではの話から、うめ節によるキャラクターたちのかっこいいセリフ。
     1巻だからまだなんともいえんけど、これからが楽しみな作品です。

    しかしこの表紙ちょっと狙いすぎじゃないかなw

  • 結構好きかも。
    最果ての島。

  • 正直、はじめはタイトルで何と無く忌避してた。

    南国。沖縄での日常冒険ものかと思っていたからだ。

    まあ、全くその要素が皆無ということではなかったが、物語の軸はそこではなかった。

    本土から来た少年と南国育ちの少年。
    そして島にまつわる謎と少年の抱えているモノ。
    サブキャラにもしっかり描かれている信念や傷などの背景。

    色々なものがぶつかり合わないように、溶け込むように融合している。
    決してオカルト色ではなく、非常に現実味に則している。

    妙な感じだが、雰囲気に引き込まれるような作品だった。

  • よく調べたなーというのが、率直な感想。それだけ、沖縄という土地に興味を持って調べてきた人が、たくさんいるんだなと思った。
    少年の成長が物語の中心だと思うけど、ナミのお父さんの「ここは日本なのか?それとも沖縄なのか?」という言葉から察するに、沖縄という土地の歴史や文化、未来までも書こうとしているのかと思われる。
    もしかしたら、人間の気持ちを描くというよりは、土地の運命のようなものを描こうとしているのかもしれないと感じる。個人的な感情も入ってるけど。

  • 景色とカ風習とか美しい。
    話もおもしろい。

  • 相変わらず設定の作りこみがすごい。それと背伸びした子供の描き方が上手い。こんな子供になりたかった。

  • わけあって沖縄県羽照那島に転向してきた主人公・チハル。慣れない島生活や島文化にとまどいつつも、島の人間で同い年のリンドウやナミたちと共に、この島での生活に慣れていく。
    「島」の雄大な自然と、島で暮らすことの良さや難点などを、登場人物たちのエピソードを通じて描き出す、島生活コミック!

    「東京トイボックス」のうめさんの最新作。南国の特徴が随所に出てて非常に良かったです。次の巻では登場人物たちの設定も詳細が明かされていきそうなので、楽しみです。

  • 波照間島がモデルと聞いて。

  • どうにも表紙の左側の子が、サマーウォーズのカズマに似ている気がして仕方ない。実際並べるとそうでもないんですが。巻頭のカラーが美しい。沖縄未踏が悔しくなる。

  • うん、おもしろい。架空の南国の島を舞台にケモノのような少年と都会から留学(?)してきた少年の交流。
    ただ、ちょっと小学5年生にしちゃ、二人とも変な意味で大人びているのが、ひっかかるが、まあ気にならない。さきが楽しみ。

全31件中 1 - 10件を表示

うめの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

南国トムソーヤ 1 (BUNCH COMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

南国トムソーヤ 1 (BUNCH COMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

南国トムソーヤ 1 (BUNCH COMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

南国トムソーヤ 1 (BUNCH COMICS)の作品紹介

沖縄のさらに南にある最果ての島・羽照那島。一風変わった離島で始まる少年達の友情そして冒険!マンガ大賞2位『大東京トイボックス』のうめ、待望の新作!

南国トムソーヤ 1 (BUNCH COMICS)はこんなマンガです

南国トムソーヤ 1 (BUNCH COMICS)のKindle版

ツイートする