軍靴のバルツァー 4 (BUNCH COMICS)

  • 519人登録
  • 4.17評価
    • (47)
    • (68)
    • (22)
    • (1)
    • (0)
  • 22レビュー
著者 : 中島三千恒
  • 新潮社 (2012年12月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784107716903

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

軍靴のバルツァー 4 (BUNCH COMICS)の感想・レビュー・書評

  • 【内容】
    ・村にて、ホルベック王国との戦争開始
    ・バルツァーに参謀総長サイドの見張りがつく

  • 情報量が多く、一度読んだだけではあれっ?となりそうになります。が、噛み砕いて読み解いていくと政治的状況が入ってきて個々人の問題ではなく国家としての情勢がみえてきます。

  • 2014 4/4読了。TSUTAYAでレンタル。
    以前にネットで評判になっていたのを見て借りた本。
    1-6巻まで読了。感想は6巻にまとめて。

  • 政治的均衡、交渉と相変わらず痺れる。腹の探りあいはゾクゾクする。いよいよ戦争が…

  • 軍国の思惑にまんまと嵌められ、士官学校の生徒と王子を連れ親善??参戦することになったバルツァー。
    困難な状況に陥っても、交渉して現実的な落とし所を探ったり、感情を排し彼我の戦力差を考え行動したり、巻末では衛生管理まで出来ちゃうという、相変わらずのハイパー軍人っぷりです。
    後方配備で物見遊山のはずがヴァイキングの末裔を相手に難しい撤退戦をやる羽目に。
    生徒が死ぬのは見たくないなぁ。

  • 相変わらずけっこうな情報量。面白いです。パウルファイト。ヴァイセンの士官候補生コンビと、敵方の新キャラが気になる。
    巻末マンガがまた良い(笑)。

  • とうとう、とうとうこの時が。

    遂にこの緊迫感がきた。
    この学校が何の学校なのかを再認識し。
    他国との差を知り。
    情と理の隔絶と決断。

    彼らの運命は?!
    次巻を待ち焦がれる!!

  • ついに戦争が開始。
    自分では意識してはいないのだけれど、いろんなものの政略的な思惑の渦中にあるバルツァー。
    自分が戦争を動かすなどということは考えないという生粋の軍人であろうとするけれど、どんどん頭がキレる故なのか、本人の意志とは反してどんどん政治屋のようになっていってるんだよなぁ。
    あと個人的に驚いたのは王子が実はものすごく怪力っぽいこと。
    もう感想というとこれしか出てこない、バルツァー相変わらずかっこいいわー、こういうわくわくは銀英伝以来。
    次の巻がすごく早く読みたい!!

  • 状況が大きく動き出し、バルツァーもそろそろ普通の「気苦労」だけでは済まなくなってきた4巻。情報量が多いので何気に読むのに時間がかかって疲れますが、相変わらずディテール描写の入魂ぶりに感心させられます。
    1巻で強く感じた表情の描線の硬さも、巻が進むごとにこなれてきているように思えます。
    個人的には巻末の「特別編」がよかった。
    カバー折り返しで筆者が「こういう小話をメインにする予定」と語っていましたが、確かにそれもよかった、というか好みです。
    今後もその手の小話を1巻に1つぐらい盛り込んでくれたら嬉しい。

  • もう実戦、しかも撤退戦か。生温い学園ものかと思ってたら渋いじゃないですか。

  • 世界は個人の思惑なんか考慮しないですね。

  • おっしゃあ!戦争始まったあ!!
    いや戦争を喜んじゃいけませんけどなんせ主人公が軍事顧問ですからね!

    ついに敵が目前にまでやってきましたよぉ~指揮権はフフフフフフフフフフフフ!次の巻から怒濤の展開来るぅ~\(≧∇≦)/キャー


    怒濤はいいけどちゃんと後方式多砲身・斉射砲!そんな砲は~で~だし使い物になんねーぞ。って今回みたいに武器解説もお願いします先生!!!!

    巻末特別編のバルツァー高級娼館へ れっつ☆ごぉ!(※勝手につけた) みたいな「軍人のすっとこ日常話」(※著者) も、もっと読みたいな!暮らしのワンポイント ~作中設定紹介ページ~ も多少割高になったとしても絶対削って欲しくないぃー!!!!

    あ、新キャラ二人格好良かった~。あのコ達何なの?どうなってんのかしらウフフ。


    次は来年夏予定~♬

  • 士官学校教官として赴いたバーゼルラントにて、王族同士の派閥争いに本格的に巻き込まれていくバルツァー。
    政争の中、その軍事と政略の能力を買われて、バーゼルラント第二王子から、自らの参謀にと勧誘されるバルツァーだったが…。

    表紙が王子だ!(笑)
    気付いたら結構仲良く(?)なってますよね、王子とバルツァー。
    特に王子はかなりバルツァーを信頼してる感じ。まぁあれだけ有能だったらねえ(笑)

    そしてついに戦争に参加することになってしまったわけですが。
    でもいきなり戦争!ってわけではなく、その過程もきちんと描かれているのが大変興味深いです。すごくよく調べてるのが分かる。
    またこれまでの物語で馴染みのある生徒たちを連れて行ってくれたのも嬉しく。
    さらにヴァイセン陸軍士官学校のイケメン候補生も2人加わってくれて、余計に今後が楽しみですよ!(笑)

    本格的なドンパチが始まって、大丈夫か!?と不安なところもあるのですが、同時に面白くもなってきてるので次巻も楽しみです。

  • 双璧っぽい新キャラ出てきた!

  • いよいよ戦争突入。
    戦争の裏で行われている工作や、宿営地の確保など見逃せないシーンがたくさんありました。
    士官学校の教官を勤めていたバルツァーが戦場においていったいどんな采配を奮っていくのか。
    次巻での撤退戦が今から楽しみ!

  • 戦闘開始で、面白くなってきたぁぁあ!
    テンプレだけど、他所から来た者を嫌う上役なんかに献策を跳ねられ、ぐぬぬ…としながらも、自分に出来る範囲内の事を精一杯やるっつう展開はやっぱり燃える。

    新キャラの士官学校生二人にもわくわくする。

    次巻にも期待!

  • 軍人手帳付きの限定版は近所の本屋になかったため通常版を購入。
    限定版がどうしてもほしかったわけでもないですし。

    ついにデレた第2王子から見込まれて、第1王子を玉座から引きずりおろすために力を貸してくれと転籍を頼まれたバルツァーがどういう答えを出すのか楽しみにしていたのですが、実にそつなくうまいことを言っちゃって切り抜けちゃったからちょっと残念だよ……
    もうちょっとぐるぐるもだもだするバルツァーも見てみたかったよ……
    筋金入りの有能だが人間味もある軍人ですね。
    リープクネヒトさんと絡むととたんに大人げなくなりましたけど。

    そしてついに始まった戦争ですが、リープクネヒトの本当の目的はなんだろうか。
    今は故郷である軍国の敵にまわり、戦争を仕掛けているけれど、何のために戦争を起こしてるのかいまいちわからないのは私の頭が悪いせいなのかな。
    人一倍愛国心があったはずなんだよね?
    それも人をいいように動かすためのものだったのか、まだよくわからないなあ。

    バルツァーもいい仕事をしすぎて上から目をつけられちゃって、ついに本国から監視役まで来てしまった。
    士官学校の学生だけど、ちょっと頼りないバルツァーたちの教え子とくらべて、有能オーラが出すぎているキラキラしたイケメンでちょっと吹いた。
    なにこれ。女性読者に向けてのサービスなのこれ。

    そしてついに始まった戦争。
    第2王子自ら率いる義勇軍の参戦、だけど行くのは安全な後方支援だったはずが、敵軍の思いもよらぬ場所からの上陸によりいきなり最前線での戦闘に。
    今度は撤退戦だ!
    悪いバルツァーさんが出てきておびえる村人たちを見捨ててしまうのか、それともなんとか切り抜ける作戦があるのか気になります。
    というところで続くので次も楽しみに購入します。

  •  ついこの間平和だった国から戦地へ。全員が戦いたいとは限らないそういった側面も見れて良かったです。今回の内容は兵の移動、宿営地の確保、兵站道の防衛などなかなか表舞台にはならない話でした。
     普通の漫画的展開だと急な環境の変化で限られたものをつかって戦うですが、軍靴のパルツァーでは準備を怠らず理性をもって作戦を立てるところが楽しいです。平和は戦争の準備期間という最初の言葉どおりらしさを保っているのが嬉しいですね。
     巻末にあった娼婦話みたいなのもちょこちょこみたいです

  • 表紙がちょっと違うので、特典もお目当てにこちらも購入。

  • フィクションなんだけれども、イメージ的には第1次大戦前後(もうちょっと前か?)の欧州で。

    軍隊ものだけど、戦場だけでなく、政治的な工作や調整も描かれていておもしろい。

    4巻目でいよいよ戦争へ。

  • ちゃんと戦争モノになってきた。
    基本的にバルツァーが頑張って活躍する話だけど、他のキャラも魅力的。だから作者が巻末で言ってるように、日常や小話でもきっとおもしろいんだろなーと思いつつも、政治的な話とドンパチが絡み合うこの展開もやっぱりおもしろい。
    撤退戦というキーワードで、「皇国の守護者」を思い出した。あのマンガが好きな人は、このマンガもきっと気に入るだろう。
    ヘルムートにもっとスポットあててくれ!

全22件中 1 - 22件を表示

軍靴のバルツァー 4 (BUNCH COMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

軍靴のバルツァー 4 (BUNCH COMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

軍靴のバルツァー 4 (BUNCH COMICS)のコミック

ツイートする