BTOOOM! 10 (BUNCH COMICS)

  • 267人登録
  • 3.70評価
    • (10)
    • (24)
    • (26)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 井上淳哉
  • 新潮社 (2013年1月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784107716934

BTOOOM! 10 (BUNCH COMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 珍しく誰も死亡しない巻だった。

    黒幕の背景が明かされたので、生き残るだけじゃない戦いへとシフトしていくんだろうな。

  • プレイヤー同士の争いが、主催者側の飯田の箴言がきっかけで徐々にプレイヤー対主催者側になりつつある今回のストーリー。

    竜太がだんだん顔が老けてきたような気がするんだけど、やっぱり絵柄が微妙に変化してきたのかな。
    あと、康介の殴られたときの顔の崩れ方にちょっと笑ってしまいました。

    でも、ストーリーはまさに山場。この後の展開がどうなるか今後も見逃せません。うまくまとめてほしい。

  • 三つ巴がなかなかおもしろかった。伊達の交渉っぷりもニヤリと楽しめた。
    織田や四人組が他のプレーヤーを殺してたりするはずだから、もう参加者少ないはずだし、終わりが近いのかな?

    しかしさすがにあの状況で「君も自分のことしか考えないのか・・」とか言われても「ふざけんな」って話だとは思うわ・・。

  • ついに意図が明らかになり、主人公の決断は…

    ついに主人公補正か。いい感じです。

  • 10巻読了。
    黒幕の存在がプレイヤーにも把握されてきた。
    こういうジャンルはこっからがある意味本番。
    作品として良い結末を迎えて欲しい。

  • えらく進展した巻だなー。

    まずは突然の飯田のコンタクト&告白。
    あらかじめ作者が考えていたとしても唐突に思える展開。


    そして竜太と東郷チームと織田チームとの接触…
    強い竜太は過去にもあったが、これほど安定感あるのは初めて。
    ページ数的にサクサクと片付けていきます。
    なんにしても続きが気になる展開。


    しかし作画が前巻の終わりくらいから要所要所で落ちてる気がするのだが…
    気のせいかな?

  • 対主催者という目がやっと出てきたけれど、お互いに殺し合いしてきた連中が連合出来るんだろうか?

  • 康介好きってわけじゃないけど、脳天攻撃されたときの描写はさすがに可哀想っていうか、せっかくの可愛い顔が…(^^;)

全8件中 1 - 8件を表示

井上淳哉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

BTOOOM! 10 (BUNCH COMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

BTOOOM! 10 (BUNCH COMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

BTOOOM! 10 (BUNCH COMICS)のKindle版

ツイートする