南国トムソーヤ 2 (BUNCH COMICS)

  • 162人登録
  • 3.88評価
    • (11)
    • (22)
    • (15)
    • (1)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : うめ
  • 新潮社 (2013年7月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784107717115

南国トムソーヤ 2 (BUNCH COMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 船の欠航が続き、都会で遊ぶ回面白かった!
    マザムンが謎でこわい。
    アニメガ新宿にてサイン本購入。

  • リンクする、いつかの波照那島。

    少年たちの冒険。
    日常系かとおもいきやオカルトっぽさ。ミステリー性も少しあり。

    不思議な雰囲気の作品。
    次巻はどう動くのか、期待!

  • 神様とマザムン、続きが気になる。

  • なんていうか、うめさんの画風とはちょっと違うとこに位置するようなテイストのお話になってきましたね。
    土着性とか、悠久とか、夢か現かみたいな話には不向きな画風だと思うのです。個人的に。まさにトイボがホームって感じで。

    なのですごくチャレンジだなぁと思うし、そこが物語と合間ってどううねっていくのかとても楽しみ。

    たぶんそれは主人公の成長と変革にシンクロするんだと思う。

    都会から来た、神様を持たない少年が理解し尽くせない何かと共に生きる少年と共に。間に立つ少女と共に。

    それだけじゃなく、大人達のあれこれもきな臭くって気になります。

    あれとこれと、全部がどう繋がっていくのか楽しみだ。

  • チハルとリンドウのコンビがかわいい。

  • 現在の主人公である少年達が置かれた現状と、遠き過去に起こった島での出来事が見事にリンクしていて、続きが凄く気になる展開に。
    リンドウが捜している飛竜の化石。チハルの夢の中で掘り起こされていた化石。リンドウが探し続けているのは、もしかしたらあの化石は最終的に掘り起こされなかった証なのかも……。とか、色々と考えて楽しめる第二巻。
    リゾート開発が進むにつれ、これから起きる様々な島を巡る不思議な現象とチハルとリンドウの活躍に期待されます。

  •  南の島に蠢く陰謀と相反するように少年たちの輝く冒険心が描かれた第2巻。

     変わる島と変わらない心。リゾート開発が進む島に反発を覚える人々が今回描かれていましたが、その反発の中心が外からの住人っていうのはとても皮肉名ているなぁと思いました。そんな大人たちの思いを知ってか知るまいか子供たちはひたすら島を冒険します。合間合間に映る過去の島の住人たちのように島に生きる彼らの生活には現代のリンドウとチハルに繋がる変わらない心が伺えます。何時の時代もショタはかわいいなぁおい!

     今回は都会的な描写に戸惑うリンドウなど機械的な遊びを行う子供の面々が描かれていてとても新鮮でした。エスカレーターにのれないリンドウに萌えてしまうの人は数多くいるだろう。島の秘密が次巻では明かされそうだし、決着も着くのか。何はともあれ褐色ショタはしっかりみていこう。あと月山ちゃんが南の島でも同じような行動をしてしまうのが萌えですな。

  • たった2巻なのに非常に練り込まれた世界観に引き込まれて行くのがすごい。この先の展開がとても楽しみ。神様の正体が気になる。

  • チハルとリンドウがすっかり仲良しで微笑ましい。宿のおじさん怖い。

  • 謎!…のままだ~。
    リゾート開発が始まりナニか見えない力が動き始めたところで続く!グヌヌ

    引き続きリンドウがイケメン杉☆\(^o^)/すてっきー♡

    前世的アレとはよ繋がれ~

全13件中 1 - 10件を表示

うめの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

南国トムソーヤ 2 (BUNCH COMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

南国トムソーヤ 2 (BUNCH COMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

南国トムソーヤ 2 (BUNCH COMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

南国トムソーヤ 2 (BUNCH COMICS)の作品紹介

少年時代はワクワクがたくさん詰まった宝箱! 『大東京トイボックス』のうめが満を持して放つ“エコとかロハスとか全然出てこない沖縄漫画”待望の第2巻!

南国トムソーヤ 2 (BUNCH COMICS)はこんなマンガです

ツイートする