GANGSTA. 5 (BUNCH COMICS)

  • 532人登録
  • 3.81評価
    • (24)
    • (43)
    • (30)
    • (4)
    • (2)
  • 15レビュー
著者 : コースケ
  • 新潮社 (2013年10月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784107717191

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

GANGSTA. 5 (BUNCH COMICS)の感想・レビュー・書評

  • ダグがあっさり死んじゃって悲しい。 

    感想記事
    http://utsuyama27.com/gangsta5/

  • 地を這う者を嗤い、玩弄し、虐殺する狩猟者・駆逐隊。
    同胞の死を悼む時間すら与えず、次なる標的パウルクレイギルドに侵攻する。
    運命は流転し、遺された者による反抗が始まる…。

    表紙からの裏表紙でなんとなく嫌な予感を漂わせる五巻。
    クリスチアーノへの襲撃から一夜開け、ちょっとだけ平和なシーンが戻った。テオ先生に頭が上がらないニコは可愛すぎる。そんでさりげなく「私達」と口にするニナちゃん。やっぱり彼女も黄昏種か?
    マルコとコニーが恋人である事が分かったわけだけど、早速巻き込まれてて悲しい。コニー殺されてないよね?
    各所で一気に抗争が勃発した感じで、どこも緊迫感がハンパない。
    ダグさんは中々いいキャラだっただけに、まさかそんなという感じ。
    あとさり気なくアレックスが実は一度便利屋にお世話になっていた?みたいな展開になってきて、そこも気になるところ。

  • 色々なところが大変。
    お嬢かっこよすぎ!!
    あと・・・女性陣のおっぱいすごい。

  • パウルクレイさんに全てを持ってかれました

  • 貸してもらった漫画
    エリカがかわいい!
    敵キャラが揃ったところで終了。
    難しくなってきた

  • “「ーーそれとね これ…預かって欲しいんだ」
    「鍵…何の?」
    「ーー次はもっとデカい抗争になる
    生きて弟さんに会いたいんなら いつまでもこんな所に居ちゃ駄目だよ アル」
    「……コニー…?」”[P.24]

    アレッちゃんは便利屋さんに前にも会った事があるのかなそわそわ。
    ダグ……あぁダグ……。
    2037の鍵やニナちゃんの耳も一癖ありそうで気になるところ。

    Thanks to K.H.

    “「マルコ・アドリアーノ
    あなたは今までクリスチアーノ家の為に尽くしてきた
    今度はアタシ達が報いる番
    主が足枷になって動けないなら 主が動けばいい
    クリスチアーノは最後の最後まで誰も見捨てない!
    ーー護衛は頼んだわよ!」”[P.139]

  • デリコちゃんに幸せになって欲しくて読み続けてるシリーズ(は)
    ハンターが強くて、もう戦況は絶望的過ぎて…この先に救いのあるラストが待っててくれることを祈るしかない。
    一方的な虐殺に近い、かなりグロテスクなシーンが多いので、苦手な方はご注意を。

  • (バンチコミックス)

  • うぅー人が死にすぎてグロすぎてそろそろ本当に限界(笑)目的も見えないままってのが辛い。

  • 突如黄昏種傭兵組合に駆逐隊を名乗る少女と少年が襲撃する。
    為す術もなく倒れて行く黄昏種たち。
    一方、デリコはヤンと共に双子の妹エリカを探しに出るが…。

    駆逐隊強過ぎるでしょ!!
    黄昏種がガンガンやられてるので、この人たち実は人間ってどんだけ強いのよ…! しかもパウルクレイさんのとこ行った二人組はまだ子どもだし…末恐ろしや。そしてダグ…!!

    なんかもう色んなところが等しくピンチなのでずっとハラハラしっぱなし。
    アレックスは弟と再会できるのかとか、ニコと過去に会ってたっぽいとか、コンスタンスちゃん無事であって!とか、総代どこ行っちゃったの大丈夫?とか、ええちょっとエリカちゃん出撃!?とかもう気になるところいっぱいで次巻も楽しみです。

  •  行き場のない人間たちが守ろうとするもの。積み上げてきた日常が壊れていくのはいつみても悲しいです。

     家族として動く。今巻はモンローとクリスチアーノ組のファミリーとしての繋がりが色濃く描かれていました。黄昏種だろうが元狩猟者だろうが関係なく迎え入れたものを守る姿勢。他に行き場のない人間たちが紡ぐその絆ってのは見ているとその人間たちの強さがハッキリと伝わってくるので自分の好きなポイントでもあります。また、組合所属のダグラスが最後にガラハッドと交わしたやりとりもエルガストルムに生きた人間としての誇りみたいのが見えてカッコ良かったです。退場するもの、居場所を守るもの、それぞれが自分の心に従い、その生命を使っていく展開は悲しくもありますが、そのキャラの輝きも見えるのが良いですね。

     物語は黄昏種と健常者の溝も表現しつつ、組の存亡をかけた戦いなどなかなか盛り上がりを見せています。もうそろそろサーが本格的に動くところも見たいですがはてさてどうなるか。主人公サイドが押されっぱなしだからニコさんにも頑張ってほしいな。

  • キャラ多すぎてなにがなんだかわからなくなってきた!ダグ!!!

  • 薬を断った理由を知ったとき、泣きそうになりました。

  • 物語の流れが一気に動いたのかなと。
    私にとっては内容が難しいけれど、とりあえず衝撃的な展開でした。
    ボスの一喝、かっこよかった。

全15件中 1 - 15件を表示

GANGSTA. 5 (BUNCH COMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

GANGSTA. 5 (BUNCH COMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

GANGSTA. 5 (BUNCH COMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

GANGSTA. 5 (BUNCH COMICS)の作品紹介

地を這う者を嗤い、玩弄し、虐殺する狩猟者(ハンター)・駆逐隊(エスミーニツ)。同胞の死を悼む時間すら与えず、次なる標的(ターゲット)黄昏種傭兵組合(パウルクレイギルド)に侵攻する。運命は流転し、遺された者による反攻が始まる――。不協和音が響く、喪失と誓いの第5巻。

GANGSTA. 5 (BUNCH COMICS)のKindle版

ツイートする