海のクレイドル 1 (BUNCH COMICS)

  • 133人登録
  • 3.86評価
    • (8)
    • (10)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 永野明
  • 新潮社 (2014年2月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784107717351

海のクレイドル 1 (BUNCH COMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 続きが楽しみです!

  • 等価交換ではないだろうけど、船乗りの仕事で左手、左足を失った少年。彼の生い立ちが気になるなぁ。女の子と彼女の元の雇い主の息子(幼児)共々、少年の弟達として船に乗ったわけだけどすぐバレそう(^_^;) 少年と子守唄(クレイドル)、そして船乗りたちの関係はどんなものなんだろう?

  • 産業革命、イギリスと来たら手に取らないわけにはいかなかった……。

    少女が行方不明になった屋敷の主人を探しに行くお話。
    船や蒸気機関の描きこみなど、細かくてコマを見ていて楽しい。
    1巻はほんの序章…だけど、登場キャラクターの関係性についての伏線が巡らせてあり続刊が楽しみ。
    とりあえずためしに、と1巻だけ買うのではなく2巻も買っておけばよかったと一人部屋の中で思う。

  • 表紙買い。中の絵も美しい。
    なかなかはらはらする展開の連続だった。
    船に乗り込むことができて、次巻が楽しみ。

  • 船旅で行方不明になった主人を、元メイドのモニカは主人の息子エヴァンをつれて蒸気船に乗り捜しにでる。1巻は序章といったところで、これからどう展開していくか楽しみ。ご主人様と再会できるといいです。

  • これは続きが楽しみ!
    海、船、19世紀、イギリス、とワクワクするキーワードが揃っていて期待値がかなり高かったけれど、それを裏切らないパワーがあった。1巻はまだ序章という感じで、まだまだ話は広がりそうなので次巻が待ち遠しい。
    バンチっていう雑誌のカラーなのかな?比較的作家さんが描きたい世界を自由に描いている印象。

  • 主人公のインパクトがまだいまいちだけどルイスがツンデレだし何しろ舞台設定が好みすぎ 14/3/2

  • まるで映画を観ているような気がしました!
    大ゴマの迫力が伝わってきます。
    是非ご主人様と再会してほしい!

  • これはもうなんだかものすごく楽しみ!
    産業革命、イギリス、そして表紙の帆船に惹かれて、買ったのだけども、きらきら感が好みでした。ええ、きらきらした目が印象的。
    もう少し産業革命感がでてたらうれしかったなぁと言うのもありますけども(・∀・)しかし、次巻が秋とはまた遠いな!

  • 永野明のデビュー作。蒸気船の時代、船旅で行方不明になった主人の生存を信じ、愛息のエヴァンを守ってほしいという願いを叶えるために、モニカがエヴァンを連れて蒸気船に乗り込こみそして。。という物語。いくつかの伏線が用意され、続きが楽しみ。また後書きが個性的で面白かった。ちなみに漫画家はGペンを使うものと勝手に思っていました。

全13件中 1 - 10件を表示

永野明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

海のクレイドル 1 (BUNCH COMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

海のクレイドル 1 (BUNCH COMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

海のクレイドル 1 (BUNCH COMICS)の作品紹介

海で消息を絶った旦那様を探して、メイドの少女モニカは彼の愛息とともに蒸気船に乗り込むが…。注目の新進作家・永野明が贈る大航海船上ドラマ開幕!!

海のクレイドル 1 (BUNCH COMICS)はこんなマンガです

海のクレイドル 1 (BUNCH COMICS)のKindle版

ツイートする