姫路城リビングデッド 1 (BUNCH COMICS)

  • 32人登録
  • 3.43評価
    • (2)
    • (0)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 漆原玖
  • 新潮社 (2014年6月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784107717481

姫路城リビングデッド 1 (BUNCH COMICS)の感想・レビュー・書評

  • 「姫路城」に続く「リビングデッド」という文字に不安を抱きつつも、姫路城を愛する姫路市民としては読まずにいられない。

    戦国時代が終わり平和が訪れた姫路城に突然、敵襲来!それは……やっぱりタイトル通りゾンビの群れ。
    率いる大将は死んだはずの戦国武将たち。
    武田信玄に上杉謙信、大ボス(たぶん)は鉄板の織田信長。

    無茶苦茶です。

    生きている側も宮本武蔵に謎(でもないか)の伊賀者など盛り沢山。
    平民ながら城好きの主人公・虎次に憑くは長壁姫!

    もう一度言います。
    無茶苦茶です(笑)

    でもなんだか面白い。勢いで読まされてしまいました。
    WEB連載もチェックしてみようっと♪

  • 天下に名高い姫路城を、話の主軸に持ってくる点は実にマニアック
    しかし、しっかりとした画力が基盤から作品を支えているので、奇抜さが過ぎている、とは感じない
    単なるゾンビ軍団襲撃ではなく、群雄割拠たる戦国時代で武功を上げていた雄たちが冥府から黄泉返ってくるって設定も面白い
    主役に、定番の最強の侍、逆に実力未知数の見習い武士を持ってくるのでなく、城好きを極めすぎている平民ってトコが、斬新さを覚えた
    平和を壊す側と、平穏を守りたい側の智の駆け引き、武の競り合い、運の傾け合い、などの注目点も多く、これから読み応えが増しそう
    歴史好き、城マニア、ゾンビフェチに狙いを定めつつも、一般の読み手の心も隙あらば掴んでやるって心意気がビシビシと伝わってくる、取っ組み合い甲斐のある漫画です

全2件中 1 - 2件を表示

姫路城リビングデッド 1 (BUNCH COMICS)の作品紹介

完成したばかりの姫路城に襲いかかる死者たち。その背後には死んだはずの織田信長、武田信玄、上杉謙信らの姿が。ゾンビVS姫路城。勝者は??

姫路城リビングデッド 1 (BUNCH COMICS)はこんなマンガです

姫路城リビングデッド 1 (BUNCH COMICS)のKindle版

ツイートする