ウロボロス 18: 警察ヲ裁クハ我ニアリ (BUNCH COMICS)

  • 118人登録
  • 3.93評価
    • (4)
    • (18)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 神崎裕也
  • 新潮社 (2014年8月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784107717672

ウロボロス 18: 警察ヲ裁クハ我ニアリ (BUNCH COMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日比野父がまさかここで殺されるとは!金時計の黒幕と思わせておいて、ここでさらなる別の人物を出すのかーーー。イクオちゃんとタッちゃんの関係性やキャラづくりが面白いと思ってここまで読んできたけれど、話の展開もとても手に汗握る。いいマンガだなぁ。

  • 那智さん大活躍! 犯人見つけたと思ったら違うの繰返しだけど、そろそろたどり着くのかなー。

  • 日比野監察官にまほろばの事件についてたずねるイクオ。そんなはずはないと思いながらも拭えない疑い。

    美月と那智は赤鼻と対決。なんとか赤鼻を倒す。

    イクオは一人森の中へ。そこで蝶野と再会。竜哉の無事を知る。

    その後、イクオは美月と那智と合流。美月が全部秘密にしていたことを知っていると知る。

    日比野監察官に対する疑念を明らかにするために待ち合わせ場所へ行くが、小夏先輩は頭を殴られ、日比野監察官は殺害されていた。

    真実に迫るため、日比野監察官が最後に会った聖副総監に会いに行くイクオだが金時計の男の名前はその口から聞くことが出来なかった。

    一方、美月は父の死によって、警察官を辞めると言い出すが、イクオは止める。

    一方那智は早乙女医師について調べ始め、北見総合病院の理事長の山崎をゆすり、早乙女医師の情報を聞きだす。

    ドラマと少し違う展開。続きが気になる。

  • やはり死んだか。
    監察官…

  • 18巻目。

  • だんだん仲間が増え、殺伐とした雰囲気が薄れていってるのが残念。また美月がとうとう秘密を知ってしまったのも何となく嫌だった。彼女には部外者でいてほしかった。

    ここからは予想。まほろば は臓器売買の温床で那智の妹は例の医者の娘に心臓を提供して死んだ。←これが当たったら最悪。

    最後に、大嫌いな上野樹里がドラマ版に出演すると知ってさらに元気がなくなった…生田&小栗なら見てみよっかなと思っていたんだけどな。

  • 2年位前から目をつけていて何時か何時かと思っていたらドラマ化決定したので大人買いした。
    止まらなかった。
    自分の趣味にビンゴ過ぎた!良いね、こういう堂々と「警察信用出来なくなるぜ」漫画!!
    でもドラマ如何纏めるんだろう…生田君ではイクオ大きすぎる気がするし小栗君ではタッちゃんの迫力無いと思うしマイラヴ蝶野さんは堺雅人か若かりし生瀬さんしか思いつかないし三島さんは泉谷しげる以外認められない。

  • 少しずつ、金時計の男に近づいていていつ殺されるのかとはらはらする!
    そしてまさかの日比野監察官が・・・!
    予告がすごく気になる。

  • たっ、たっ、たっ、たっちゃんが生きてるううううううう!?
    もうそれだけでお腹いっぱいになれたよ…
    メインキャラだし死ぬ訳ねえわ、と思ってたけど、こうやって可能性が示されただけでも満足ですう!

    あと、蝶野が本当に格好良くなってて、彼に一体何が起きてたのかとそればかりが気になるよ…。
    スピンオフとか無いですかね…。

    物語もかなり確信に迫ってて、大変だ。
    真相に辿り着くにはまだ掛かりそうだけど、じわじわ進んでるのが分かって楽しい。
    次巻にも期待。

全9件中 1 - 9件を表示

神崎裕也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ウロボロス 18: 警察ヲ裁クハ我ニアリ (BUNCH COMICS)を本棚に登録しているひと

ウロボロス 18: 警察ヲ裁クハ我ニアリ (BUNCH COMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ウロボロス 18: 警察ヲ裁クハ我ニアリ (BUNCH COMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ウロボロス 18: 警察ヲ裁クハ我ニアリ (BUNCH COMICS)はこんなマンガです

ウロボロス 18: 警察ヲ裁クハ我ニアリ (BUNCH COMICS)のKindle版

ツイートする