創太郎の出張ぼっちめし 1 (BUNCH COMICS)

  • 155人登録
  • 3.20評価
    • (4)
    • (11)
    • (17)
    • (5)
    • (3)
  • 11レビュー
  • 新潮社 (2014年12月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (167ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784107717894

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
久住 昌之
有効な右矢印 無効な右矢印

創太郎の出張ぼっちめし 1 (BUNCH COMICS)の感想・レビュー・書評

  • グルメ部分だけでなくドラマもしっかりしてます。ティファニーのスピンオフなのね。

  • いつかティファニーで朝食を
    買ってるから惰性で読んだけど…結局のところご飯系の話しか面白くないのかなーこのひと
    短編集も読んだけど、ことごとくつまんないんだよな
    これも買わなくて良かった

  • "いつかティファニー"のまりちゃんの元カレ創太郎が食にまったく興味がなかったけれど後輩の助言や出張先での楽しみとして各地のグルメを堪能する。
    地元の人に人気の隠れた名店とか
    札幌のフレンチ、、サヴールとか!福岡のぺへたまも気になったし…。
    旅行の際に行ってみたいな

  • まさか、この男・吉田創太郎(31)が『いつかティファニーで朝食』から派生した新作の主役になる日が来るとは、思いもよらなかった
    ただ、主人公としてキャラが弱いかっつーと、意外な事にそうでもない
    人気・好感度は知らんが、彼を応援したり、励ましたり、叱咤するファンの声は多いんだろう。でなければ、派生など生じないだろう
    あくまで私の勝手な印象に過ぎないが、創太郎が主役として十分さを感じさせるのは、彼の一人の男としてしょーもないトコだろうな。同性からは同族嫌悪が起きない程度に似通ってしまっている部分に親近感が湧き、女性からは彼のような恋人がいない事に対する安堵、もしくは逆に、こんな男を彼氏にしてしまっている自分への落胆から、推すキモチが湧いてくるんだろう
    この作品の内容を、ざっくり説明すると、創太郎の成長物語(?) 出張で足を運ぶ土地で、美味しい食事を口にし、知らなかったでなく知ろうとしてこなかった食に対する楽しみで目を覚まし、ダメダメすぎた己を自分なりに反省して、よちよち歩きで進んでいく、そんな感じ
    本家と比較すると、斬新さには欠ける気はした
    だが、『いつかティファニーで朝食』で培った、グルメ漫画のストーリーを作る能力を遺憾なく発揮しているので、読み手を引き込むパワーは充分にあるので、決して劣ってはない
    そう、私に感じさせた理由は、やはり、創太郎のケツを叩き、根性を矯正していく、後輩の白石さんの存在があるからだ
    よく、こんな強烈なキャラクターを思いつき、なおかつ、動いてもらえるな。マキヒロチ先生、やっぱ、腕を上げてるのか
    創太郎が驚く美味しい食事、作中に登場する飲食店は実際の名店
    実在する店を紹介する作品、オリジナルの料理を編み出す展開の作品、どちらが面白く感じるかは人それぞれだし、制作するのはどちらも大変だろう
    ただ、前者は漫画家と名店の店主との間に強い信頼関係を必要とするのは確かだ。足繁く通い、店の良さを貪欲に知ろうとする姿を見せ、「この漫画家になら、描いてもらいたい」と思ってもらえるだけの熱意をアピールせねば、ここまで質の高い食漫画は現実の物にならなかっただろう
    どれも美味しそうだが、個人的な食の好みでお勧めを選ばせてもらうと、第五出張「青森へGO!」(この無理にひねっていない、シンプルなサブタイトルも魅力だろう)で創太郎が舌鼓を打つ、青森魚菜センター本店の“のっけ丼”だ。このシステム、私の地元にある魚市場も取り入れてくれないだろうか
    この台詞を引用に選んだのは、もう、ホント、10カウント取られてもおかしくないレベルで打ちのめされたので。社会に出たら、やれない事もやれるようにならないと話にならない訳だけど、やれない内はデカい口を叩いちゃダメだよなー

  • いつかティファニーで朝食を、の主人公にフラれた彼氏が主人公なスピンオフ作品!

    食にさほど興味なく、新規開拓めんどくさい、せっかく出張行ってもマックや吉牛でランチ済ましちゃうサラリーマン。

    you are what you eatですよ!
    せっかくならおいしいもの食べようよ。
    そして、出来ればそれを共有できる好きな人といっしょに食べたいよね。

    いつかティファニーで朝食を、同様にリアルに実在するお店を紹介してくれているので、各地に訪れた際には食べてみたいなぁー。

  • 出版社営業ダメダメ男の主人公が出張先で美味しいものに出会い、後輩ちゃんに尻を叩かれながらほんの少し変わっていくお話。「いつかティファニーで朝食を」のスピンオフですね(๑′ᴗ‵๑)後輩ちゃんに共感しつつ読んでしまいました(笑)だからアンタはダメなのよ!と。ご飯より何より女目線で彼のダメな部分をつっこんでしまった(笑)

  • 『いつかティファニーで朝食を』のスピンオフ作品。おいしそうな料理がたくさん出てきます。いつもは東京近郊ばかありだけど、今回は出張というだけあって各地のおいしそうなものが出てきます。まさに飯テロ。だからお腹すいているときや深夜には読んでは危険です。

  • 孤独のグルメに似てますね。

  •  出版社勤務で、編集部から営業部に異動になった男性・創太郎が主人公。勝気な後輩・白石夏菜に喝を入れられつつ、出張先でのお仕事&ご飯のエピソード。巻末にはショップリストもあり。
     説明くささが否めないのと、創太郎と夏菜のキャラ描写が浅く若干鼻につく。二度三度と読み直す気持ちにならない。ご飯の描き方が美味しそうだっただけに、残念。

  • 相変わらずマリになんでふられたかもわかってなくて初っぱなからいらっとした。
    と、いうか始終こいつにはいらっとする。

    結婚相手を書店員いいかもって思うのはいいけど、その基準がかわいい子ってのがもうね。

    後輩ちゃんもっと怒ってやって!って思っちゃう。

    でもちょっとずつ変わっていくから面白い。
    ごはんに興味はないけどでもおいしいってちゃんと思ってるんだなー。

  • 普通にお店を紹介する記事で事足りる内容では?

全11件中 1 - 11件を表示

創太郎の出張ぼっちめし 1 (BUNCH COMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

創太郎の出張ぼっちめし 1 (BUNCH COMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

創太郎の出張ぼっちめし 1 (BUNCH COMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

創太郎の出張ぼっちめし 1 (BUNCH COMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

創太郎の出張ぼっちめし 1 (BUNCH COMICS)の作品紹介

『いつかティファニーで朝食を』のフラれ男・吉田創太郎は出版社の営業部員。出張で全国を巡りながらグルメと新たな出会いを探すのだった…新感覚食漫画!

創太郎の出張ぼっちめし 1 (BUNCH COMICS)のKindle版

ツイートする