向ヒ兎堂日記 5 (BUNCH COMICS)

  • 187人登録
  • 4.10評価
    • (14)
    • (20)
    • (7)
    • (0)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 鷹野久
  • 新潮社 (2015年4月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (164ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784107718136

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

向ヒ兎堂日記 5 (BUNCH COMICS)の感想・レビュー・書評

  • 【あらすじ】
    時は明治。文明開化とともに「怪」と「陰陽師」の存在は不要とされる世の中になっていく。怪が見える貸本屋の主人伊織は、違式怪異取締局に隠れて怪を助ける相談所として日々暮らしている。一方、怪退治の強硬路線に舵を切る取締局に異を唱え、反旗を翻した都築は、伊織たち向ヒ兎堂のメンバーと共闘することを決意する……。そんな中、謎の怪が帝都を跳梁跋扈し始める。遂に違式怪異取締局、最大の作戦が始まった――。緊張感が高まっていく第5巻!!

    【感想】

  • 書名と絵の雰囲気が気になっていたので、最新刊を買ってみた。主人公の過去が気になる。そしてあの人は本当に味方なのか・・・

  • 鷹野久先生の作り出す世界観、画面とても魅力的ですね!
    妖も夜の描写もずっと見ていたくなる。
    千代と異国のウェートレスさんのお話が可愛くて好きです。

  • 都築さんがまさかの仲間に。
    そしていよいよ違式怪異の作戦が始まった。
    伊織の目とか、鬼とか、続きが楽しみ。
    足袋とか煮豆がなくなるのも気になる!

  • まさかの、同居…!(^o^)
    奥さんいらっさるのにほのかに感じるこのほも臭はなんだろう…(※ほも萌えはしてません)。
    まさに、「ざんぎり頭をたたいてみれば、文明開化の音がする」ってかんじですね、人々が不思議なものを信じなくなってゆく寂しさ…

  • 物語がどんどんシリアスな方面に向かって行くのかと思いきや…入江夫妻にほっこりしました。いい夫婦だなぁ…(´ー`)

    そして2巻で出て来た白姫が再び話の中で登場。織も角が生えてるし、同じなんだろうな…白姫と織、どんな関係なんだろう。

    仙石はこれからどうするのかな…

  • 六四分けのギンも可愛いよ☆都築さんのパラリと下ろした髪型もいいっすね。仙石くん、そのうち伊織たち側に来てくれないかなぁ。彼は確か陰陽の力?を持ってたよね?

全7件中 1 - 7件を表示

向ヒ兎堂日記 5 (BUNCH COMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

向ヒ兎堂日記 5 (BUNCH COMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

向ヒ兎堂日記 5 (BUNCH COMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

向ヒ兎堂日記 5 (BUNCH COMICS)のKindle版

ツイートする