つるまき町 夏時間 (BUNCH COMICS)

  • 76人登録
  • 3.77評価
    • (3)
    • (5)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
  • 新潮社 (2015年8月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784107718334

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
コマツ シンヤ
panpanya
コマツシンヤ
有効な右矢印 無効な右矢印

つるまき町 夏時間 (BUNCH COMICS)の感想・レビュー・書評

  • 著者の既刊の短編集2冊が素晴らしかったので期待して購入。
    この作品は一冊すべて同じ設定の連作で、どこかノスタルジーを刺激する不思議な世界観の「つるまき町」が舞台。
    私自身がコンパクトな短編や掌編を好むためなのか、作家が短編に向いているためなのか分からないけど、「睡沌氣候」や「8月のソーダ水」ほどのイメージの愉悦が味わえなかった。物語のために”設定”を”作って”しまうことで、余白が隙なく埋め尽くされ、伸びやかだったイメージがページの中だけの世界に行儀よく小さく収まってしまっているように感じた。個人的にはまたイメージ大爆発の短編が見たいけど、まだ作品数の少ない作家さんでもあるので、読む側ももうしばらくカラーを決めつけずに応援しようと思う。期待値が高すぎてちょっと辛口になってしまったけれど、おとぎ話のような不思議な世界観やほのぼのと心地よいものを求める人にはおすすめ。(児島)

  • とっても平和な漫画。僕は結構ダウナー漫画などを好んで読んだりするのですが、たまにはこういう漫画も読まなきゃなと思い読みました。 とても心が洗われたような気分になりました。 曇りなき眼で見なければ描けないようなこの世界観、少しSFチックな所はあるもののノスタルジーに浸れるとても素晴らしい作品だったと感じました。

  • 本屋さんで表紙を見かけて、不思議な町へ迷い込んでしまいました…

    ヘンテコなつるまき町で暮らすみつる君のひと夏の冒険の物語。
    描写が漫画っぽくなく、どちらかというと絵本やイラストレーション作品的で実に読みごたえがある。
    じっくり味わいながら2~3日かけて読むといい。
    表紙が表わすとおり全編GREEN、緑に癒されます。
    宝物にしたい一冊。

  • 『8月のソーダ水』がよかったので衝動買い。こういう味の漫画家が出てくれるのはとても良い。駄菓子屋の品揃えとか町並みとか、細部まで描かれていていくらでも楽しめる。

  • 緑の夏!
    結構話が壮大で楽しかった
    これは是非ともカラーで読んでみたい

全6件中 1 - 6件を表示

つるまき町 夏時間 (BUNCH COMICS)に関連するまとめ

つるまき町 夏時間 (BUNCH COMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

つるまき町 夏時間 (BUNCH COMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

つるまき町 夏時間 (BUNCH COMICS)の作品紹介

終業式の日、教室に忘れられたホテイアオイの精を助けたことをきっかけに植物と話せるようになったみつる君。それ以来つるまき町ではちょっとヘンテコな事件が起こるようになって……。

つるまき町 夏時間 (BUNCH COMICS)はこんなマンガです

つるまき町 夏時間 (BUNCH COMICS)のKindle版

ツイートする