死役所 5 (BUNCH COMICS)

  • 84人登録
  • 4.04評価
    • (7)
    • (15)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : あずみきし
  • 新潮社 (2016年2月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784107718754

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あずみきし
有効な右矢印 無効な右矢印

死役所 5 (BUNCH COMICS)の感想・レビュー・書評

  • 脳天気な若者風のハヤシさんの生前がけっこう壮絶。まあ、職人の皆は死刑になる程度のことはしているので、なにかしらあるのだけど、生い立ちの不幸はあるにせよ、直前まで我が子と思って愛おしんでいた赤子に手をかけられるって、けっこうなサイコですな。高校の時に同級生の女子を窓から放り投げたのも怖かったけど。相変わらずこのマンガは面白い。

  • 林くんのエピソード。じんわり泣ける。向き合うことの難しさと脆さと強さ。ただ寄り添うって本当に難しい。

  • 5巻の半分ぐらいは連載誌で読んでたけど、ハヤシくんの話はかなりきつい内容だよね。本人でなく周りに翻弄されちゃって。二人目の死者は、現実にいそうで怖い。痛々しい。そしてシ村さんたちがわからないネット用語の嵐で、その対応が笑える。「草が生えることを随分心配されてましたよね。園芸のご趣味もあったんでしょうか」って、草生えるわwww

  • 乳児まで…は、悲しい。。。
    色んな人生があるよね。
    あと、写真撮りたくなる。

  • ハヤシさんの過去。
    なかなか壮絶というか、切れると怖い・・・。
    まりあは出生の秘密について悩んで別れると言うくらいなら、なぜ林さんと結婚したのかが疑問。
    出生の秘密を教えてもらったのならなおさら・・・。
    後味が悪めだった。
    ネット生放送が趣味の主人公の話では生放送に興味を持った。

全5件中 1 - 5件を表示

死役所 5 (BUNCH COMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

死役所 5 (BUNCH COMICS)の作品紹介

此岸と彼岸の境界に存在する、死役所。ここには、自殺、他殺、病死、事故死……すべての死者が訪れる。魂抉る死者との対話、骨肉の第5巻。

死役所 5 (BUNCH COMICS)はこんなマンガです

死役所 5 (BUNCH COMICS)のKindle版

ツイートする