応天の門 5 (BUNCH COMICS)

  • 402人登録
  • 4.17評価
    • (36)
    • (36)
    • (16)
    • (1)
    • (1)
  • 29レビュー
著者 : 灰原薬
  • 新潮社 (2016年3月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784107718839

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

応天の門 5 (BUNCH COMICS)の感想・レビュー・書評

  • 藤原氏の藤原たる所ここに極まれり。とはいえ、敗者もただの敗者ではなく意地と名誉がある。応天門が出てくるのならば当然出てくるだろう伴善男が生き汚くてかっこよい。そして、少しずつ歴史が前に進んでいるのが感じる。菅原道真も伴善男と同じく藤原氏に挑んで敗れた敗者なのだから。

  • 伴善男が毒を盛られたときは死んだと思った…。
    でも生きていることを知った時の藤原の基経の顔がこわい。
    長谷雄が唐美人に惑わされる話が面白い。
    続くので楽しみ。

  • 藤原家の陰謀が着実に進んで行き、図らずも道長も関わってしまう話でした。
    間違えて4巻より先に読んじゃったのでつながっている部分があってもわかっていませんが面白かったです。

    藤原家めっちゃ怖い・・・!有利に進めるためなら毒まで盛るのか。
    伴善男が妖怪化していてそれも恐ろしい。
    魑魅魍魎とはよく言ったものです。

    読んでいる途中でBSNHKの「英雄たちの選択」で伴善男が関わってしまう事件を思い出しました。
    それを思うと彼は本当はどういう人物だったんだろう・・・本当にこういう人だったのかな。

  • ミッチーに着々とヤバいコネが出来ちゃう5巻目。毒からの復帰後の大納言・伴善男(ヨッシー)、怖すぎ。

  • 藤原氏を中心とする朝廷の陰謀がメインになってきた。道真の師匠がそこに深く関わってるってところが面白い。最近、道真と業平がバラバラに動いているので、もう少しこのコンビの絡みを見たい。

  • 藤原基経のはたらきかけにより、神泉苑で催されることとなった「鎮魂めの祭」。
    本巻では、その祭の最中に起こる事件が中心に描かれます。
    祭の喧騒を嫌い、屋敷でノンビリしていたはずの道真にも、これまでとは桁違いに大きな事件が降りかかり…

    望むと望まざるとに関わらず、応天門の内部の権力争いに巻き込まれて行きつつある道真ですが、それでも彼の「目の前の出来事に全力で死にものぐるいで当たり、道を切り開いていく姿勢」に勇気がもらえます。

  • 伴善男がかっこよく見えた5巻。伊達に伏魔殿で大納言やってきただけありますね…。史実通りにいくとは思っていないけどやっぱり飛梅ルートだけはやめてほしいなあ。心のどこかで勧善懲悪を望んでしまっている。基経が良房の手を離れて歩き出したから「うわーーうわーー」と一人で盛り上がった。にんまり顏が崩れた基経って新鮮。唇を舐める描写が素敵。2016/07/07

  • 藤原さん、というか貴族怖い。

  • 書評上げられてなかった…。

    灰原さんのガシガシした筆致は勢いがあって良いのだけど、画面が細かくなってくるとちょっと雑然としすぎて目が泳ぐ。けれど鬼気迫る描写にはその猥雑ささえも恐ろしく力を持つ。というわけで、今回は大納言の迫力に尽きる。まさに「お見事…」という感じ。

    本編がどんなにシリアスだろうが、ギャグだろうが、本郷先生の解説コラムは常に飄々としていて、良い息抜きになる。しかしどんな顔して「チッ…リア充爆発しろ」とか書いてるんだろう(笑)。

    次は謎の唐美人の話に繋がるけれど、この短編かと思うような話の切り替えの早さには中々気持ちが追いつかないこともあり。とはいえまた急激に話が繋がったりするから切り替えすぎてもいけない。翻弄されつつ毎回楽しんでおります。

  • 2016年3月読了。

  • うぉお、ドロドロしてる…。

  • 宮中で暗躍する藤原家の魑魅魍魎っぷりここに極まると思いきや、伴善男の蘇りの凄みにゾクゾクした。

  • 陰謀渦巻く宮中で権力を我が物にする藤原氏
    。藤原良房・基経親子で半分以上牛耳ってるようなモノだけど
    ここで基経が単独で色々画策し始める。
    基経の進言で開催される"魂鎮めの祭"祭りの最中に
    紀豊城に狙われる藤原良房。
    疫病にかこつけて伴善男を毒殺しようとする基経と
    毒とわかりつつあえて酒を飲む伴善男。

    学問だけを学びたく政争に関わり合いたくない…と
    強く思っているのに巻き込まれてしまう道真……。

    藤原氏は魑魅魍魎レベルなので
    ドロドロの権力争いにハラハラドキドキ!!!Σ(ll||д゚ノ)ノ

  • 神泉苑での事件は、応天門の変の前哨戦のようでスリリングでした。藤原の奥深い妖怪ぶりが本当によく描けています。基経は怖すぎて近づけませんね。それにしても、落とした針を磁石で見つけるくだりはショボい。次回はもっと、菅三の天才ぶりに驚かされるようなエピソードを用意してくださいね。

  • 道真・業平でうごく…という巻ではなく、道真が否が応でもまつりごとに巻き込まれていく、からめとられていくというのが如実に表れた巻だった。
    後半の長谷雄の話は次巻に続いていて、こちらは道真&業平で解決していくという感じ。
    次巻が楽しみ。

  • 公卿の権力争いには巻き込まれまいと頑張っておりましたがとうとう本格的に巻き込まれてしまった様子…。
    藤原から目を付けられて…とは史実で分かっているもののそれはまだまだ先の話。これをどう切り抜けて生き延びて行くのかが心配しつつも楽しみです。

    寧の正体も気になりますが彼女に気があるような長谷雄のデレっぷりがかわいい。唐に行きたい道真を危険だからと諌める自分に遣唐使の副使に推される未来が待っているとは思ってもいないところも笑えました。

  • 針を探し、毒を治し、人を助け…と今回も道真くん引っ張りだこでした(笑)
    しかもたいがい巻き込まれるか強制的に関わることになるかの二択(笑)
    でもちゃんと解決するところがさすがです。
    針探しは道真くんも学ぶところがあり、毒治しはさすがに無理かもと思いましたが何とかって良かった良かった。
    そして人助けはこれから、のところで終了。寧さまは何者なんでしょう。

  • 策士策に溺れるを体現する表紙の人

  • 面白くなってきましたね。
    平安時代だって(だからこそ?)人の思惑が最も恐ろしい。

  • 面白かった〜。

  • 検非違使でてきた。モンゴルから攻めてきた団体だと、思ってたよ…

  • わかりやすい悪人って良いなあ…。まあ彼も色々あったんだろうけど。妙に色っぽい方ですな、表紙の君は。

  • やっぱり道真が好きだわ…。基本お人好しなところがいい。次の巻も気になる!

  • 伴善男が格好良い。
    突然現れた謎の美女も気になる。

    特典の葉書サイズのカレンダーが素敵な感じ。

  • 伴善男かっこよすぎ。今回は業平さまの存在が薄くて残念。

全29件中 1 - 25件を表示

応天の門 5 (BUNCH COMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

応天の門 5 (BUNCH COMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

応天の門 5 (BUNCH COMICS)のKindle版

ツイートする