女子高生に殺されたい 2 (BUNCH COMICS)

  • 111人登録
  • 3.55評価
    • (5)
    • (12)
    • (10)
    • (3)
    • (1)
  • 14レビュー
著者 : 古屋兎丸
  • 新潮社 (2016年8月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784107719096

女子高生に殺されたい 2 (BUNCH COMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これはなかなかイイお話でしたねぇ…イイお話というか、こう…脳みそにズカーン!と来るような…。

    タイトルからして何か変な性癖持った男が主人公なのかな…? と思われますけれどもまあ、それはあながち間違いではないのですが(!)話はもっと複雑怪奇でして、そして重い…人によっては苦手な分野の漫画かもしれませんけれども、僕は飽きずに最後まで読めましたよ!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    思えばこの著者はこういう作風だったなぁ…と何か女子高生が自殺だかなんだか…あっ、自殺サークル! とかいう漫画も似たようなテイストだったような記憶が断片くらいはありますねぇ…。

    そんなわけで二巻で終わってしまった漫画ですけれども、結構なインパクトを僕に与えてくれましたとさ。さようなら…。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • 視点がころころ変わって、それぞれの目線から徐々に全体がわかってくる構成は面白かったけど、殺害されたい衝動の決着と、臨床心理士の女の行動はモヤモヤ。始まりのインパクトがあって面白かったんだけど、尻すぼみ感が否めない。

  • 思ってたより静かな話だった。多重人格ものって感じであんまり変わったところもなく、主人公の計画というのが唯一斬新なところだったけど、それもいまいちお話として活きたかというと、うーん。ただ結末がどうなるんだろうっていうワクワク感はずっとあったな。

  • 終盤にいくにしたがって前半のドキドキ感がなくなってしまったなぁ。でも2巻で終わりなのにバタバタせずに上手くまとまっていた。性癖は簡単には変われない…ぽよ

  • ビックリ展開はあれど、うまくまとめすぎた印象。1巻の時はワクワクしたんだけれど

  • そりゃあそうだけどさ、という感じで終わってしまった…一応オチはつけてくれてますけど…
    1巻から通して読んだらまた違うのだろうか

  • 面白かった、ここまでの執念で殺されたいとか…しかもまだ諦めてないのね

  • 題名から想像してたよりはライトな感じ。話はとても面白かったし2巻でよくまとまってる感じです。心の闇とか多重人格はそんなに簡単に治るものなの?と疑問に思ったラストですが雪人が「何があっても真帆は俺が守る」と事件解決後に言ってるところから、まだまだ安心出来ないのかも、と思ってたらやはり最後のページ……
    絵は一見きれいでクラシカルですがそれだけではない、場面場面で表情に工夫を感じます。

  • タイトルと序盤の展開の割に、思いのほかライトな感じでした。

  • ちょいとシリツボミ。あおいちゃんのアナザーストーリーが読みたいな!

全14件中 1 - 10件を表示

古屋兎丸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東村 アキコ
松浦 だるま
有効な右矢印 無効な右矢印

女子高生に殺されたい 2 (BUNCH COMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

女子高生に殺されたい 2 (BUNCH COMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

女子高生に殺されたい 2 (BUNCH COMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

女子高生に殺されたい 2 (BUNCH COMICS)の作品紹介

男は女子高生に殺されたいがために高校教師になった。彼の標的は1年3組に在籍する一人の美少女だった。彼女による“理想的な殺され方”の実現のため、密かにそして綿密に計画を練るのだった。しかし彼の異常な計画は次第に綻びを見せ始め、隠された事実が浮かび上がってくる…。鬼才・古屋兎丸が紡ぐ異常なる犯罪計画サスペンス、堂々完結。

女子高生に殺されたい 2 (BUNCH COMICS)はこんなマンガです

女子高生に殺されたい 2 (BUNCH COMICS)のKindle版

ツイートする