少女終末旅行 4 (BUNCH COMICS)

  • 140人登録
  • 4.17評価
    • (12)
    • (17)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : つくみず
  • 新潮社 (2016年11月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784107719294

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

少女終末旅行 4 (BUNCH COMICS)の感想・レビュー・書評

  • 最初の人類が衰退しましたら、次に文明を築くのは妖精さんのハズだけど・・・。

    列車の知識はあるのか。
    まぁ、ケッテンクラート乗ってるし、飛行機も知っていたんだから列車も知っててもおかしくはないのか。
    使ったことがあるような雰囲気だったから下層で乗ったことがあるのかもしれない。
    英語っぽい本が出てきたけど、流石に面倒臭くて和訳する気にはなれん・・・。

    巨大ロボ。
    ロボ自体は3巻にも出てきてたけど、コチラは明らかに兵器っぽい。
    どう考えても自重を支えられない脚部だけど、もしかして FSS 世界の技術でも使ってるのかな?
    はっ!?
    実はあの世界は本当に妖精さんサイズで、妖精さん目線のチトとユーリから見るから巨大に見えるのであって、巨大ロボも本当は ASIMO くらいの大きさなのかも!?
    二番目の文明は最初の文明を模倣してただけだって話だから、あの巨大ロボも最初の文明の遺産なんだろうか。

    巨大潜水艦?
    あんな(たぶん)内陸に?
    もしかして実は海上都市で、そのまま下にでも落ちていけば海だったりするのかな?
    もしくは昔は海に近かった(下層の構造的にソレはないか)のかも。

    そして何だかよくわからない生物が出てきた。
    しかも地球レベルの壮大な内容が絡んできた。
    う~ん・・・ここに来て人智の及ばない生物を出してくるかぁ。
    なんか「あ、そういう超常現象的な方面もアリなのね・・・」って感じで拍子抜けだな。

    てか、この階層に他に人類がいないことが確定してしまったワケで・・・。
    ホントに極端に生物のいない悲しい世界だ。

    死体(骨すら)が皆無なのが気になる。
    絶滅ではなく、戦争などによる地球環境の汚染のために他の星に移住したのかもしれないね。

  • 地下殻層を横断する列車の終着点までやって来たチトとユーリは、昇降機を使って地上に出ることに成功する。まぶしい夕陽の光にちょっぴり感傷的な気分になったあと、久しぶりの地上で周囲を探索する彼女たちが見つけたのは、なんとも奇妙な生き物。新たな仲間を加えて少し賑やかになった旅路だが、その先には想像を絶する体験が待っていた……!(Amazon紹介より)

  • 32p→84p、と巨大ロボが。
    背景として描かれていたものがオブジェクトとして現れてくるのは漫画ならでは。
    なんと巨神兵……? いやザンダクロス……?
    また、潜水艦内の画面にカメラのデータが同期されて、過去の人々が映る。「少しだけ寂しくない気がする」
    さらには、稼働中の機械を取り込んで静的な状態にする生物が描かれて、
    「ねぇ ちーちゃん 地球終わるんだって」
    「…うん まあ… どうでもいいことだろう…」
    これはまぎれもなく現代の感覚、現代の想像力。(たとえば三島由紀夫ほどの過去の人には理解できないのではないだろうか。押井守は好みそうだが。)

  • 終末はどんな色をしているんだろう。
    終末と聞くと、荒廃していて色のない世界を想像してしまいます。でも、ビールは金色だし、夕日もちゃんと赤い。それでもモノクロの世界を思ってしまうのは、終末に対する願望からでしょうか。だからきっと、ちーちゃんと同じように夕日を見たら、自然と涙が出てしまいそうです。奇麗なんだろうなあ。

    終末について少しずつ明らかになってきました。無知というものは恐ろしいですね。
    辺りに2人以外に生きている人間はいないと言われた時の表情が悲しげでしたが、不思議と絶望は感じませんでした。世界がどうなろうとも2人なら楽しくやっていけるんだろうなあ、なんて思いました。

  • 今回は一段と重いですね。色々な意味で。
    とても面白かった。

  • "「このヘルメットってさ なんでずっとかぶってるんだっけ?」
    「……もともとは銃弾を避けるための装備だと思うけど…」
    「でも誰も撃ってこないよね」
    「まあね」"[p.81]

  • なるほど。
    最初の出だしはよく分からん。あんまり気づかなかったが、この人の絵では建築構造を正確に伝えるのは難しいのでは?
    2巻も三巻も一人ずつ一時的な新キャラが登場するが今回はもっと衝撃的なキャラが登場する。なるほど(そろそろ終わるのかな)

全9件中 1 - 9件を表示

少女終末旅行 4 (BUNCH COMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

少女終末旅行 4 (BUNCH COMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

少女終末旅行 4 (BUNCH COMICS)の作品紹介

終末世界を旅する少女たちの“日常”を描く、新感覚日常漫画の第4弾。地下殻層を横断する列車の終着点までやって来たチトとユーリは、昇降機を使って地上に出ることに成功する。まぶしい夕陽の光にちょっぴり感傷的な気分になったあと、久しぶりの地上で周囲を探索する彼女たちが見つけたのは、なんとも奇妙な生き物。新たな仲間を加えて少し賑やかになった旅路だが、その先には想像を絶する体験が待っていた……!

少女終末旅行 4 (BUNCH COMICS)はこんなマンガです

少女終末旅行 4 (BUNCH COMICS)のKindle版

ツイートする