妖怪の飼育員さん 2 (BUNCH COMICS)

  • 44人登録
  • 4.10評価
    • (4)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 藤栄道彦
  • 新潮社 (2016年12月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784107719393

妖怪の飼育員さん 2 (BUNCH COMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 代表作『最後のレストラン』のアイディアも、相当に斬新だ
    しかし、この『妖怪の飼育員さん』は、その点では確実に上回っている。そう感じるのは、私が妖怪が好きってのもあるだろう
    ブームはまだ冷め切らず、妖怪が登場する作品は増え、良作な物が多いのは嬉しい。この『妖怪の飼育員さん』は、このジャンルの新たな可能性を見せてくれた
    改めて言う事でもないんだろうが、藤栄先生は実力派の漫画家だ
    正直、先の(1)から結構、時間が経過していたので、この(2)はもう出ないんだろうか、と不安だった。何せ、(1)の終わり方が、実に続きが気になるものだったので。(2)が無事に発売され、ももたん先生の『本屋の鬼いさん』と同じくらいにホッとしてしまったのは、ここだけの話にして欲しい
    「妖怪園」と言う、突飛な設定だけで勝負しているだけじゃなく、ストーリーにも風刺がビシッと効いていて、読み手はガッツリ惹き込まれていく
    妖怪、それはファンタジーの象徴だからこそ、この現実感のある内容に説得力を生んでいるのだ
    人間も、妖怪も、この生き馬の目を抜くような現代社会で感じる生き辛さには、さほど差はないんだな、と妙な自信が芽生えたのは私だけだろうか?
    基本的には、コメディ感が強いのだが、時にほろりと泣いてしまいそうになる話もブッ込んでくるから油断ならず、藤栄先生の引き出しの多さに、アカナメよりは短い舌を巻かされる
    この(2)のラストの話から新規参戦している、大源壮悟。彼の持ち味は、タフネスっぷり、肉体的にも精神的にも。「どんだけ~」と言いたくなるくらいだ。レギュラー陣にも負けていない個性の保有者で、今後の活躍が楽しみだ
    (3)はなるべく早めに出してほしいが、質が落ちても困るんだよなぁ。私、我儘だろうか?
    どの話も、妖怪の魅力を伝えてくれるモノばかりだが、個人的にツボったのは、#22「キュウキュウ特選隊」だった。ここまで、ブラック&スパイシーにしちゃって大丈夫なのか?
    生活におけるこだわりは、人それぞれで他人が口出ししていいもんじゃない。だが、その前提には迷惑をかけない、がある
    自分がやられて嫌な事を想像できて、自制心が働かないような輩は怒りを通り越して、呆れ返ってしまう。環境保護を訴える人間が、周囲に最も不快な思いを強いている、ちゃんちゃら可笑しい話だ
    この台詞を引用に選んだのは、「もっともだ」と自然に納得できたので。これは人間でなく、一反木綿が発したからこそ宿る説得力だな。こういうギャップの使い方も、漫画家の腕の見せ所。ビッグな男には、種族は関係ないのな

  • 放置児童やいき過ぎた動物愛護団体、高齢化問題など真面目に語る。
    わけではなく、そこはかとなく匂わせる手法すごく好き。

全2件中 1 - 2件を表示

藤栄道彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

妖怪の飼育員さん 2 (BUNCH COMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

妖怪の飼育員さん 2 (BUNCH COMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

妖怪の飼育員さん 2 (BUNCH COMICS)の作品紹介

付喪神誕生の瞬間をいまかいまかと待ち受けたり、一棟のマンションだけに起きる地震の正体を明かしたり、気難しい老婆の妖怪に活躍の場を与えたり、一反木綿にCM出演の依頼が舞い込んだり…同じみの妖怪が勢ぞろいする「妖怪園」は、今日も妖怪の世話に四苦八苦! 毒っ気たっぷりの辛口「妖怪飼育」ストーリー第2巻!

妖怪の飼育員さん 2 (BUNCH COMICS)のKindle版

ツイートする