悲しき熱帯 (上)

  • 48人登録
  • 3.60評価
    • (2)
    • (3)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 川田 順造 
  • 中央公論新社 (1977年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120007460

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
夏目 漱石
ウンベルト エー...
ウンベルト エー...
フランツ・カフカ
ウンベルト エー...
クロード・レヴィ...
有効な右矢印 無効な右矢印

悲しき熱帯 (上)の感想・レビュー・書評

  • 著者の自叙伝,アマゾン先住民社会への紀行文=調査報告,人類文化に関する思索が錯綜する名著。滅ぼされてしまっている文化への哀悼・共感と,滅ぼしてしまっている自文化の欺瞞への批判・告発が,自伝・紀行文・思索のさまざまな部分で共振しあう。先住民文化と近代文明の区分・比較が無意味であると思わせる著作である。

    *推薦者(国教)Y.K
    *所蔵情報 
    https://opac.lib.utsunomiya-u.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB00040437&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • あたらしい食のabc、服部さん

  • ギリシア都市文明の誤謬を土台として発展した、西洋文明の真景を密林の中で確かめざるを得ない若き学者の姿が、痛ましく胸に迫る。自らの種族が破壊した、愛すべき異文明の欠片が、背中を追いかけ、いずれ自分たちとよく似た姿で、隣に立つ悲しき未来を、予感せざるをえない学者の孤独を、実現されてしまった者として、読者となってしまった自分と重ね、また引き裂かれる。文明の未開とは、西洋でも東洋でもない、未だ実現されず、置き忘れた、古代の種族の夢を思い出すことからしか、克服される手だてはない。

  • 室淳介さんの「悲しき南回帰線」と読み比べしているのですが、川田さんのこの訳書は乾いている感じがします。読みやすいのかな?
    この本はなんだ、そう問われると説明がしにくい。ただ、読み進んでいるうちに近代文明が自分の内部で壊れていく、そういった「悲しさ」を強く感じます。
    いったい、この世界この文明この自分とはなんだったんだ、そういった末期のような悲しさが波打ってきます。

全5件中 1 - 5件を表示

悲しき熱帯 (上)に関連する談話室の質問

悲しき熱帯 (上)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

悲しき熱帯 (上)はこんな本です

ツイートする