戦後マスコミ回遊記

  • 12人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 柴田秀利
  • 中央公論社 (1985年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (474ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120014406

戦後マスコミ回遊記の感想・レビュー・書評

  • 戦後の日本を読売、日本テレビで生き日本にテレビと原発とゴルフの発展を影で推進した。

    柴田氏の自伝で、多分に自分中心に書かれているとは思うが、彼がテレビの誕生や日本の通信網の基礎を推進しゴルフを国民的スポーツにしたのは事実だろう。

    また正力松太郎に影で支えながら原発を推進し日本に原発を誕生させた基礎も彼だろう。当時、ビキニ岩礁での水爆実験で国内の反原発の怒りをアメリカと協力して原子力の平和利用という形で原発を推進し怒りを収めたのはアメリカと読売などメディアを使い操作したようだ。
    原発に無限の可能性を期待した故人彼が、今の3.11後の日本を見ていたら彼は今何を思ったろうか?

    また、ゴルフを言うスポーツを日本に広める基礎を造ったという意味でも彼の影響は大きなものだったろう。

    アメリカのと用心とのパイプや日本の政治家とのパイプも持っており、ある意味不思議な人間であったに違いない。ただ、1986に69歳でアメリカ訪問中に亡くなっており、謎の多い人でもある。

    なぜこの本を図書館に予約して読んだのか?その動機が自分でもよく分からないが、多分日本の戦後に興味がありそういうジャンルの本を多くセレクトしているからかもしれない。

全3件中 1 - 3件を表示

戦後マスコミ回遊記を本棚に「読みたい」で登録しているひと

戦後マスコミ回遊記を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

戦後マスコミ回遊記を本棚に「積読」で登録しているひと

戦後マスコミ回遊記はこんな本です

ツイートする