レス・ザン・ゼロ

  • 39人登録
  • 3.20評価
    • (3)
    • (1)
    • (9)
    • (0)
    • (2)
  • 4レビュー
制作 : Bret Easton Ellis  中江 昌彦 
  • 中央公論社 (1988年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120017162

レス・ザン・ゼロの感想・レビュー・書評

  • なんとなく内容だけでなく当時の作者の来歴も含めて田中康夫の『なんとなく、クリスタル』を思い出した。80年代の音楽シーンを彩った今ではあまり振り返られることのないミュージシャンたちの名前が全編にちりばめられており、それだけで80年代好きとしてはたまらない。80年代の一つの空気を見事に表現した作品だと思う。

  • 89030

    3 コカインとパーティーに明け暮れるロスの若者たちの日常。透明な虚無感は限りなく救い難い。

  • 文学的な評価はともかく、私の嫌いなタイプの小説。サマセット・モーム風に言えば、現実を切り取ってただ投げ出しただけ。しかし無意味な事柄も、書き連ねていれば何かしらの像が見えては来るんだなとは思った。もっと踏み込んだ細かい感想もあるのだが、基本的に麻薬を扱った話は何でもありになるから嫌い。

全4件中 1 - 4件を表示

レス・ザン・ゼロに関連する談話室の質問

レス・ザン・ゼロを本棚に「読みたい」で登録しているひと

レス・ザン・ゼロの作品紹介

MTV感覚あふれるロスの若者たちを描く、ゼロ・ジェネレーションの旗手の衝撃的デビュー作。いま、アメリカで1番ファッショナブルな小説。

ツイートする