道化師の恋

  • 11人登録
  • 2.40評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 金井美恵子
  • 中央公論社 (1990年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120019685

道化師の恋の感想・レビュー・書評

  • 目白に棲む新人小説家で大学生の善彦、新進評論家で大学に勤務する夫を持つ桜子を中心に目白界隈に棲む桜子の親族や近所の人々(善彦の親族)の人間模様。毒もなく、薬でもない。こういうのをポストモダン文学っていうのか?正直ワタシはダメ、というかおもしろくなかった。金井美恵子はエッセイの方が相性がいいのかも。

全2件中 1 - 2件を表示

道化師の恋はこんな本です

ツイートする