どくとるマンボウ医局記 (どくとるマンボウシリーズ)

  • 34人登録
  • 3.15評価
    • (1)
    • (2)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 北杜夫
  • 中央公論社 (1993年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120021848

どくとるマンボウ医局記 (どくとるマンボウシリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 世田谷文学館で「斎藤茂吉と『楡家の人びと』」展を見た.楡家や航海記の自筆原稿などなかなか見応えがある.
    それをきっかけに,青春記と航海記をつなぐこの本を読んでみた.

    大学卒業から航海に出るまでの慶應義塾大学の精神科の医局時代のエピソード.山梨で懸命に働いていた時代の部分がいい.ただ,患者さんの話が多くて,読んでいてちょっと辛い.後年に書かれたせいか青春記や航海記の溌剌とした感じはあまりない.

    上記の展覧会では斎藤茂吉と北杜夫の細かい文字で書かれた日記もなかなか印象的なのだけど,その日記からこういう本が生まれてくるのだと思うと面白い.

  • 今とは絶対違う・・・んだけどどう違うかは説明できない・・・んだがおもろしろかったなあ。北杜夫さんありがとうございます。

  • 中央公論社、1993年4月5日、10版発行、定価1200円(本体1165円)

全3件中 1 - 3件を表示

どくとるマンボウ医局記 (どくとるマンボウシリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

どくとるマンボウ医局記 (どくとるマンボウシリーズ)はこんな本です

どくとるマンボウ医局記 (どくとるマンボウシリーズ)の文庫

どくとるマンボウ医局記 (どくとるマンボウシリーズ)の文庫

ツイートする