パラレルワールド・ラブストーリー

  • 222人登録
  • 3.41評価
    • (14)
    • (24)
    • (45)
    • (9)
    • (2)
  • 23レビュー
著者 : 東野圭吾
  • 中央公論社 (1995年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120024009

パラレルワールド・ラブストーリーの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 先が気になってどんどん読んでしまいました。

    う〜ん、面白かったのですが、うまく感情移入できませんでした。
    なぜだろう。

  • エターナルサンシャインという映画。観たくて観たくて仕方なかったのに私の住んでる地域の映画館でやってませんでした・・・。
    でもあらすじ程度は知ってます。
    この「パラレルワールド・ラブストーリー」記憶の改ざん。
    ちょっとエターナルサンシャインに似てません?
    こちらは重いですが。記憶って不思議ですよね。
    美化されたりするし、つらい記憶も和らげられたり・・。
    消してしまいたいと思う記憶もあるけれど、私は幸いにもその記憶となんとか仲良くやっていける程度の痛みなので問題ないのだけれど実際、記憶を消してもらわなければ生きていく事もツライ人が世の中にはいるはずで。
    記憶を変える って必要な事かもしれない。
    恐ろしいことだけど。

    後悔しないように生きていくって歳を重ねればうまくなってく気がします。
    守りに入るからかな?

  • 怖くて先が気になって一気に読んでしまいました。
    脳の研究者達が、自分の研究を私的に利用するって事?
    お互いに相手の気持ちを考えあぐねて、不幸な結果になってしまった感。
    後味はあまり良くなかったですね。

  • 今年の1冊目。つまり、今月の1冊目。

    つまり、親友の彼女に手を出すべきではない。しかし、好きになってしまう。友情か愛か。まぁ実際究極に近い2択ですよね。主人公の苦悩がよく描けていました。その結果、そこまでやるかなーとは思いますけどね。そういうものがなかったら、どうするつもりなのか。できないからこそ考える。

  • 記憶が・・・

  • なんだかもやもやするばかりの内容で、読み辛かった

  • 恋愛モノはあまり読まないので、避けてた東野作品。でも、恋愛よりミステリー色強いかな。読みやすくて楽しめたけど、あまりにも悲しい結末やったので、☆4つ。

  • 東野さんの本はあまり読んだことがなかったのですが、この本、思いのほか面白く、一気に読んでしまいました。ほかの作品も読んでみたいと思いました。

  • <内容>「記憶」のなかで君を愛してる。俺は親友の恋人を手に入れるために“本当の過去”でいったい何をしたのか。会心の長編青春ミステリー。

  • 現実の世界では自分の恋人である女性が
    夢に見る記憶の世界では親友の恋人になっている。
    記憶の正しさの証明ってとても難しい。
    人の記憶なんて思い込みで簡単に変わってしまうし。
    最後の手紙には涙。

全23件中 1 - 10件を表示

東野圭吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

パラレルワールド・ラブストーリーを本棚に「読みたい」で登録しているひと

パラレルワールド・ラブストーリーを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

パラレルワールド・ラブストーリーを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

パラレルワールド・ラブストーリーを本棚に「積読」で登録しているひと

パラレルワールド・ラブストーリーの作品紹介

「記憶」のなかで君を愛してる。俺は親友の恋人を手に入れるために"本当の過去"でいったい何をしたのか。会心の長編青春ミステリー。

パラレルワールド・ラブストーリーはこんな本です

パラレルワールド・ラブストーリーの新書

パラレルワールド・ラブストーリーの文庫

ツイートする