江戸風狂伝

  • 10人登録
  • 2.67評価
    • (0)
    • (0)
    • (5)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 北原亞以子
  • 中央公論社 (1997年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120027093

江戸風狂伝の感想・レビュー・書評

全2件中 1 - 2件を表示

江戸風狂伝の作品紹介

材木問屋・和泉屋甚助-みずからの号を反物に染め、馬子唄に折り込ませる。あの手この手で名を広めようとするこの男、ただの売名か大粋人か?(「憚りながら日本一」)高名な画人・池大雅と玉瀾夫妻-二人を訪ねた男は、あまりに風変わりな生き方に仰天するが、この訪問には裏が。(「あやまち」)講釈師・馬場文耕-美濃郡上藩の騒動を高座にかけ、お上の手前まずいと知りつつ、しゃべりだしたらとまらない…(「いのちがけ」)など、奇にして潔なる人々を描く傑作集。

江戸風狂伝はこんな本です

ツイートする