文明の多系史観―世界史再解釈の試み (中央叢書)

  • 16人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 村上泰亮
  • 中央公論社 (1998年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120028168

文明の多系史観―世界史再解釈の試み (中央叢書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 文明の発展は「近代化論」が想定するように線的、短系ではないことを論じています。日本の経済発展の要因を、東国武士団に発する「イエ」に求めているところがユニークです。その他にも、示唆に富む論考が多数あります。

    (メモ)
    血縁原理に基づく農耕社会、豊かな文化→騎馬民族(機能原理、実績主義的、移動による文化の非蓄積)との接触→血縁以外の結合原理として、有史宗教が発達→普遍原理、機能原理に基づく上層と、それを支える血縁原理的農耕社会の下層の二重構造による帝国

全1件中 1 - 1件を表示

村上泰亮の作品

文明の多系史観―世界史再解釈の試み (中央叢書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

文明の多系史観―世界史再解釈の試み (中央叢書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

文明の多系史観―世界史再解釈の試み (中央叢書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする