国破れてマッカーサー

  • 35人登録
  • 3.18評価
    • (0)
    • (3)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 西鋭夫
  • 中央公論社 (1998年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (526ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120028465

国破れてマッカーサーの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 豊かな日本はアメリカにへつらう精神状態から抜けきらない。50余年上目遣いで卑屈な生活を続けると、それが日本の「面」に出るのだ 日本中にあるアメリカ軍の大きな基地は、日本が提供しているのではなく、アメリカ軍が、戦利品として没収したものだ 「日本が二度とアメリカにとって、世界の平和と安全にとって、脅威とならないようにする。国連憲章の理想と原則に示されたアメリカの目的を支持する平和的で責任ある政府を樹立すること」 日本をアメリカの属国にする決意の声明だ 1,945年、突然、天皇からマッカーサーへ権力がうつった

  • ”おわりに”の章で、西氏の思いが端的に述べられています。「忠誠」「愛国」「恩」「義務」「責任」「道徳」「躾」という国民の「絆」となるべきものが、アメリカの占領政策によって破壊されたと述べています。これではまるで戦前の日本に逆戻りせよと言っているように感じます。ただ、天皇を崇拝せよとは言ってはいませんが。アメリカの属国という呪縛から逃れるアプローチの仕方が、感情に走ってしまって、なんら具体的なことが述べられていないので、厳しいもの言いですが、老いたる者の僻みとしてしか受け取れませんでした。

全3件中 1 - 3件を表示

西鋭夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
ヴィクトール・E...
半藤 一利
百田尚樹
司馬 遼太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

国破れてマッカーサーはこんな本です

国破れてマッカーサーの文庫

国破れてマッカーサーのKindle版

ツイートする