あるようなないような

  • 133人登録
  • 3.61評価
    • (15)
    • (14)
    • (35)
    • (3)
    • (0)
  • 24レビュー
著者 : 川上弘美
  • 中央公論新社 (1999年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120029486

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

あるようなないようなの感想・レビュー・書評

  • 古いと分かってしまう話はなぜだか苦手だ。
    インターネットの話とか。

  • (2002.01.17読了)(2001.12.24購入)
    (「BOOK」データベースより)
    うつろいゆく季節の匂いが呼びさます懐かしい情景。うつつと幻のあわいをゆるやかに紡ぐ不思議な味わいの第一エッセイ集。

    ☆川上弘美さんの本(既読)
    「物語が、始まる」川上弘美著、中央公論社、1996.08.20
    「蛇を踏む」川上弘美著、文春文庫、1999.08.10
    「椰子・椰子」川上弘美著、新潮文庫、2001.05.01
    「センセイの鞄」川上弘美著、平凡社、2001.06.25
    「神様」川上弘美著、中公文庫、2001.10.25

  • ゆ、ゆるい…!
    都会っ子のお母さんのおかげ(せい?)でら抜き言葉が使えない話がとてもすき。
    それにしてもゆるい。

  • 読み進めるほどに、不思議な川上さん像が私の中に形成されていくんですが・・・

  • 2010/11/13 大仏、ほんとに家に来た?みどりの人ってほんとにいた??たまに小説のようなエッセイ。

  • 飄々とした川上さんのそのまんまの言葉が満載です。ゆったりと流れる時間を感じます。

    作文が苦手で、高校時代の修学旅行を終えての作文に悩んだ末、いんちき歴史職人小説を書いたそうな。それが、小説処女作!
    是非読んでみたい作文です。国語の先生も、驚かれていることでしょう。

    筒井康隆 『パプリカ』と、トーベ・ヤンソン 『ムーミン』を読んでみたくなりました。

    そうそう、川上さんは満月の日は、多食になるそうです。今日も、そうとう食べているのでしょうか…。

  • はじめの辺りに収められている作品は、川上さんの不思議系小説に通じるような、ちょっと背中がゾクッとするような、そんなエッセイでした。
    怖い作品の他にも、元気が出ない回路からの脱出方法(引用文の項参照)とか、読書記録とか、ベランダで我が物顔に振る舞う鳩(この話を読んだら、もう鳩の鳴き声は「ででぽぽででぽぽ」にしか聞こえない!)とか、「ムーミン」シリーズのミィが好きだとか、色々収められています。
    筒井康隆『パプリカ』を読んでみたくなりました。

  • 2010.06.11. 絶妙。寝る前に読んでたんだけど、夢との境目がわからないまま、いつも眠りに落ちていった。

  • エッセイ集。
    素敵な言葉や甘い匂いがちりばめられてて、抜粋しきれない!

  • 読み物。
    こんな文、日記が書けたらなぁ。

  • 第一エッセイ集。
    のほほんと不器用なエピソードに
    和む。
    ツボな擬態語多し。

  • 2004年8月19日読了。

  • 1995年〜1999年頃の短いエッセイ集。

     川上弘美さんのエッセイは、小説と同じ感性で読める。素直さとか天然さとかにプラスして、なんでも疑問に思うと自分で確認したくなるところがある。それでいて、この時期からパソコン通信などというものをワープロでやっていたりする。

     ムーミン谷のお話のところで、「あの子たちのほうでは、ひみつをまもりたいのかもしれないものね」という表現を、その距離感が良い、と言う。秘密を守りたいんだから、とすると近すぎるが、「かも」しれないものね、という距離感。
     風邪をひいて寝れないときに、なぜ眠れないのか考えていたら、腹が痛いのだった、と言うくだりがある。かなりのんびりしているが、それに加えて、こういうなぜ?って考えてしまうところがある。

     川上弘美さんがよくわかるエッセイだと思います。

  • のんびりとした、川上さんの日々のこと。

  • 全てそうですが、
     川上弘美作品のひらがな遣いにはっとさせられてしまいます。
    食べ物も何でも美味しそうに映ります。

  • 「あるようなないような」話ばかりがいっぱい詰め込まれています。淡々と。日々は過ぎ行く。

  • あるようなないような。ときにはそんなあやふやでもいいじゃない

  • 川上弘美さんの文章のリズムが最初は苦手だったのですが、今では気持ちよく読んでいます。ところどころの単語を漢字からひらがなに変えているやわらかい文章の加減が、心地よくなってきたのでした。主婦もしながら作家として、それから生活も楽しんでいて、私の憧れです。川上さんの書く生活感が親しみ深く、それでいて目線が面白い。
     嘘の、架空の表現を使うのですがそれもまたすんなりと入り込めてしまうさりげなさに、真綿のような世界観を感じます。

  • 夜の子供、という単語が好き。
    このひとのもつ独特の空気感で世界を見たい。

  • あるようなないような心持ち。
    あってもいいけれどなくても構わないような事ごと。
    そんなものが 力まず当たり前に自然に綴られている。

    自分と極めて近しい価値観や視点を 著者に見つけ 嬉しくなったりもする。
    SMAPの「夜空ノムコウ」に抱いた 居心地の悪さなど
    よく言ってくれた と 拍手したいほどだった。
    ただ 私は 良しとしきれず 今尚 抵抗し
    ――あれから僕達は何かを信じてこラれたかなぁ――
    と 字余りにして歌うのだが。

全24件中 1 - 24件を表示

あるようなないようなを本棚に「読みたい」で登録しているひと

あるようなないようなを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あるようなないようなはこんな本です

あるようなないようなの文庫

ツイートする