軍学考 (中公叢書)

  • 25人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 兵頭二十八
  • 中央公論新社 (2000年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120030673

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
太田 述正
兵頭 二十八
クラウゼヴィッツ
有効な右矢印 無効な右矢印

軍学考 (中公叢書)の感想・レビュー・書評

  • まだ途中読みだがおもしろい

  • [ 内容 ]
    由比正雪、山鹿素行、吉田松陰らが究めた軍学の役割とは?
    孫子、クラウゼヴィッツを論じて核戦略にまで説き及ぶ軍学的思考の精髄。

    [ 目次 ]
    第1章 感性とは何か
    第2章 感性的体験と原風景
    第3章 歴史的感性
    第4章 概念風景から感性風景へ
    第5章 ロゴスと感性
    第6章 生と死の感性論
    第7章 愛着の美学
    第8章 逸脱の価値構造
    第9章 感性を取り戻すこと

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 「日本には戦略が無い」と云う言葉をよく耳にします。実はそれは敗戦後のたった60数年の話。日本には他国に誇れる軍学の歴史があったのだということを兵頭氏は解き明かして呉れました。内容が濃いですから取り扱いにご注意下さい。

全3件中 1 - 3件を表示

軍学考 (中公叢書)はこんな本です

ツイートする