特攻へのレクイエム

  • 15人登録
  • 3.70評価
    • (2)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 工藤雪枝
  • 中央公論新社 (2001年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120031670

特攻へのレクイエムの感想・レビュー・書評

  • 自分も「日教組のイデオロギーを受けた学校教育」の影響で、「特攻隊」という響きには、当時の大日本帝国の洗脳力や、向こう見ずで殺気に満ちた恐ろしい考え方、あるいは理解できない行為といったものを潜在的に感じていたのかもしれません。命を簡単に捨てる事のできる人間などいない事はわかっていながらも、敵艦を沈めるために堂々と突入した。と教えられたまま理解していました。この本を読むとそれらの疑問が全て解決します。“堂々と突入した”ことは事実でも、堂々と突入できる人間になるまでの経緯、すなわち「何で自分は生きているのだろう」から始まり、「ずっとみんなと生きていたいが命を捨てなければ大切な人たちを守れない」というジレンマ、また「死ぬとはどういう事なのか」といった死生観など、行ったり来たりの心中の戦いが学校教育では抜けているのだと思います。心の整理が完了していたからこそ彼らは堂々と突入できたのです。我々が教育されなかった大事な事は、特攻隊ほど家族や友人をそしてこの国を愛おしく想っていた人はいないという事でした。また特攻隊の人たちほど心の優しい人たちはいないでしょう。これほど辛い想いをしながら読んだ本はありません。そして、これほど癒された本もありませんでした。もう7~8回は読み返しましたが、一度読んでしまったものは元には戻りません。いくら感動的な部分を追いかけても最初の感動にありつきません。できる事なら記憶を抹消して最初からもう一度読みたいくらいです。しっかりと「まえがき」から読む事をお勧めします。特攻隊の方々の崇高な精神も去ることながら、著者の的確でパワフルな表現力に圧倒され、とにかく泣けます。泣いた後には心が満たされ、「日本人」である事の誇りがわき上がって来ます。また先祖に対する考え方が変わることでしょう。

  • 家にあったのを引っ張り出してきて読んだ。コレ読んで特攻は海陸軍両方にあり、飛行機を使うものから戦車、魚雷を使うものなどさまざまなバリエーションがあったことを知った
    本作中で引用された特攻隊員の手紙が胸にこたえた。与えられた最悪の環境下でも必死に生きていた隊員たち。そのひたむきさや懸命に生きる姿は私も見習わないといけないなと思った。
    あと特攻隊を自分なりに理解したいなら、やっぱり隊員たちが書いた手紙や写真など実際に自分の目で見に行くのが一番なんだろうなと思った。今夏靖国神社にいって来ようかな

  • 昭和二十年六月六日知覧より出撃戦死 枝幹二少尉

    小鳥の声がたのしそう
    「俺もこんどは小鳥になるよ」
    日のあたる草のうえに
    ねころんで
    杉本がこんなことを云っている
     笑わせるな

  • 映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」を見た人は是非読んでいただきたい本です。ただ涙するだけでは、あまりにも悲しすぎます。

全4件中 1 - 4件を表示

特攻へのレクイエムを本棚に「読みたい」で登録しているひと

特攻へのレクイエムを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

特攻へのレクイエムを本棚に「積読」で登録しているひと

特攻へのレクイエムはこんな本です

特攻へのレクイエムの文庫

ツイートする