夢みるピーターの七つの冒険

  • 23人登録
  • 3.69評価
    • (2)
    • (6)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : Ian McEwan  真野 泰 
  • 中央公論新社 (2001年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120032004

夢みるピーターの七つの冒険の感想・レビュー・書評

  • 本人のあとがきで触れられているが、成長し切って伸びしろのなくなった当方のような大人が児童書と言われる本を読むのは確かにつらい部分あり。そこを超えていこうとする意気込みは買うがやっぱりなぁ、、、といったところかな。
    加えて他書で子供という生物のダークサイドをこれでもかと読者に読ませてきたこの作家の本性が絶えず頭から離れないのも本作の読後感にはマイナスに働いたかな。

  • 野田秀樹が朝日新聞で紹介していたので読んでみました。
    とても素敵な本でした。
    ふわふわと想像力がどこまでも行ってしまうのに、妙に地に足の着いた感じというか。
    絨毯とかシーツとかそういうものの匂いがする所が好きでした。
    やはり子供はいい。
    子供の物語というのは好きです。
    ピーターのようになりたいと夢みるのでした。

  • 想像することがどれほど楽しく、無限な広がりを持っているかを教えてくれる。子どもでも理解できる言葉で書かれた子どもについての大人向けの本。

  • 空想少年ピーターのお話。
    赤ちゃんと入れ替わったり、ネコと入れ替わったり!?
    思わず、「もしも○○になったらこんな気持ちなのかな」
    なんて考えちゃうわくわく面白い7つのお話です@

全5件中 1 - 5件を表示

夢みるピーターの七つの冒険はこんな本です

ツイートする