西の善き魔女〈1〉旅立ちの巻

  • 795人登録
  • 3.94評価
    • (189)
    • (118)
    • (214)
    • (3)
    • (1)
  • 133レビュー
著者 : 荻原規子
制作 : 佐竹 美保 
  • 中央公論新社 (2001年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (520ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120032059

西の善き魔女〈1〉旅立ちの巻の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  セラフィールドの天文台で育った15歳のフィリエルは、幼い頃に亡くなった母のことをあまり知らない。そんなフィリエルは、女王生誕祝祭日に母の形見の首飾りを父からもらう。その首飾りをつけて、はじめての舞踏会に行ったフィリエルは思いがけず、自らの出生の秘密を知ることに・・・。

  • とっても良かった♪
    いっきに読んでしまった、いまのところ魔女らしきは出てこないけど。
    どうやらそういゆ事ではなかったようだ♪

  • 登場人物も地名もカタカナなので、外国の小説っぽい感じが漂っていた。 おしとやかなお嬢様だと思っていたアデイルが隠れ腐女子作家だったことにびっくり。あのはっちゃけぶり、嫌いじゃない。 フィリエルが父親のことを博士と呼ぶのを見て、アラレちゃんのことを思い出してしまった。

  • ファンタジーの王道という感じの小説。強くて自分の意思を曲げないフィリエルが素敵。たびたびルーンがいなくなってしまい、ルーンどうなるの?と心配になることが多く読んでて疲れた笑。

  • 最終巻に記載

  • 西の善き魔女#1

    自身が持っているのは角川の文庫版なんですが、一番最初にこの作品を読んだのはハードカバー版でした。

  • 中学生の頃大好きで何回も読んだ本。ルーンに会いたくなって久しぶりの再読。フィリエルとルーンが懐かしい!

  • もっと暗い、重い話かなと
    思ってたんだけど、
    全然違った!!
    女の子が好きな要素が
    たくさんつまっている本。
    思ったより巻数が多くて迷うけど、
    角川文庫のは全巻そろえたいかも。

  • 面白かった〜 バードとフィーリあたりの掘り下げがもう少し欲しかったな。ルーンとフィリエルの幼少期の章が一番好き。文庫の表紙は断然旧版が好きなんだけど新版は書き下ろしが付いてるからどっち買おうか迷う…

  • 面白い。かなり少女趣味というか、あからさまに女子向けの展開だけどもやっぱり面白い。
    登場人物たちがいかにもな設定ながらみんな魅力的で、このような王道の物語をいかに面白く読ませるかに作家の地力が見て取れます。

全133件中 1 - 10件を表示

荻原規子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
コルネーリア フ...
ZOO
乙一
荻原 規子
有効な右矢印 無効な右矢印

西の善き魔女〈1〉旅立ちの巻に関連する談話室の質問

西の善き魔女〈1〉旅立ちの巻に関連するまとめ

西の善き魔女〈1〉旅立ちの巻を本棚に「読みたい」で登録しているひと

西の善き魔女〈1〉旅立ちの巻を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする