京劇―「政治の国」の俳優群像 (中公叢書)

  • 34人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 加藤徹
  • 中央公論新社 (2002年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120032240

京劇―「政治の国」の俳優群像 (中公叢書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 著者は中国文学の教授であるだけでなく、京劇マニアである。これは驚くことではない。著者にもまして、京劇のディープなマニアはなんと、芥川龍之介であった。これにはビックリ。

  • 教科書的な解説は最小限に留め、人物を中心にした興味深いエピソードを数珠つなぎのように並べた構成。ビジュアルな素材は少なめだが、中国の歴史や習俗とともに京劇を深く理解できる。

全2件中 1 - 2件を表示

加藤徹の作品

京劇―「政治の国」の俳優群像 (中公叢書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

京劇―「政治の国」の俳優群像 (中公叢書)を本棚に「積読」で登録しているひと

京劇―「政治の国」の俳優群像 (中公叢書)の作品紹介

中国演劇の俳優は、肉体を極限まで酷使する超人的な表現能力を要求された。彼らは強靭な意志力を持ち、舞台上だけでなく舞台外でも、熱い人間ドラマを繰り広げた。西太后、袁世凱、毛沢東など時の最高権力者と結びついたり、芥川龍之介やチャップリンなど外国の文化人と交流した。また、抗日戦争や文化大革命の嵐のなかでも自己のプライドを貫いた。本書は京劇俳優たちの人生を取り上げ、中国史の知られざる一面に光を当てると同時に、日本の近代の歩みについても見つめ直そうとする自戒の書である。

京劇―「政治の国」の俳優群像 (中公叢書)はこんな本です

ツイートする