蛇行する川のほとり〈2〉

  • 729人登録
  • 3.52評価
    • (73)
    • (115)
    • (287)
    • (6)
    • (2)
  • 83レビュー
著者 : 恩田陸
  • 中央公論新社 (2003年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (122ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120033896

蛇行する川のほとり〈2〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 死んどるし!
    マスターキーパーソンの香澄(カズコ)、死んどるし!
    あなたが消えたら・・・真相は闇の中なんですけど。
    もーーーーやめてよーーーーー!!!

    鞠子視点の一巻から、芳野視点の二巻。
    なるほど、だからあんなに薄いのに、わざわざ3巻に分けたんか。
    しかし毎回巻末の衝撃展開・・・3巻構成でよかった♪心臓が持たん。

    一巻に比べたら衝撃度は落ちます。というか鞠子が不憫でなりません(涙)
    残りの4人(香澄、芳野、月彦、暁臣)は、みんな例の殺人事件の当事者で、鞠子一人が今知らされました。って感じなんだもん・・・

    それにしても4人が食卓で、ワインを呑みながら過去の話をする場面。
    月彦が「おばさんに睡眠薬を渡してたんだ・・・(中略)・・・睡眠薬・・・はっ!みんな忘れてる!あの家には犬がいたんだ!」の行。
    恩田陸の本領発揮です。
    よくあるよね、話してて思い出すこと。
    それを、その雰囲気を台詞の流れだけで表す。すばらしい。
    だから青春小説が上手いのかな?
    青春中が一番他人と話すしね。

  • この巻では、芳野が主人公に。芳野が語る少女観と、少女の核を抜き取るような絵を描くシーンが好きだ。最後の場面、真魚子の言葉にはっとさせられる。続いて3巻へ。

  • この空気感。すてき。
    そしてラスト数ページでの展開で続きがさらに気になる!

  • 再読。謎が少しずつ動き出す。終盤の、少女二人が一晩で女に変わる描写はすごい。そしてそれを遠巻きにこそこそ見つめる少年二人の描写も愛らしく微笑ましい。なのに衝撃の事件を投げかけて最終巻へ。

  • 物語は芳野目線に変わり、語られる。1巻の終わりから緊張感が緩やかに続いている。謎の解明が一進一退というか、何か分かったと思えば、何か別な疑問がわく、ゆっくりと進んでいく雰囲気。じれったい気持ちになり一気に読めた。
    自分自身読んでいて驚いたのは、一人称になった芳野への印象が、毬子目線の時とだいぶ異なっていることだ。

  • すいすい読み進めた。なんだか読むごとに見られてる恐怖を感じる。

  • なるほど話し手を変えてきました。一筋縄ではいかんな。それでこそ分冊の意味もあるってモンだ。展開はドライブするし謎は多様化するけど、なんか飽きた。どうにもついて回る少女漫画テイストが合わないのかもしれん。

  • 視点が変わったので
    受ける印象も少し変わった。

    このまま最後まで
    一気読みかも。

  • 腹を探り合いながらの共犯者の会。

  • 詳細は三巻で。

全83件中 1 - 10件を表示

恩田陸の作品

蛇行する川のほとり〈2〉を本棚に「読みたい」で登録しているひと

蛇行する川のほとり〈2〉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蛇行する川のほとり〈2〉を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする