熱欲

  • 58人登録
  • 3.26評価
    • (1)
    • (7)
    • (12)
    • (3)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 堂場瞬一
  • 中央公論新社 (2003年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120034589

熱欲の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 事件の話であるより、鳴沢了の話だと再痛感。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/14774957.html

  • 刑事・鳴沢了シリーズ3冊目。今回は生活安全課と、鳴沢さんにしては地味な部署に異動。組織ぐるみの詐欺事件に着手。派手さのない事件に、最初はむしろ、アメリカから来た旧友と、その妹がらみに注目していましたが(子供とのカラミが面白い)、事件は殺人をよび、鳴沢さんの暴走も手伝って緊張のラストへ。優美さんとの微妙な関係は、どうせまたフラれるよ…と思っていたらそうでもなく…恋の行方に次回はまたまた異動もあり、いろいろ期待してしまいます。

  • 鳴沢シリーズ第三作

  • よかった。ほっとできるラストでした。

  • あまり好みじゃないといいつつ鳴沢シリーズも3作目。
    でも今回は、そんなにウジウジしてないので、大丈夫かも。

    でも、相変わらず同じような展開で気になる女性登場~。今度はうまくいくのか?

    事件が詐欺商法がらみだからか、結局未消化のまま終わってしまった。大規模な詐欺になればなるほど、こんな感じになるのか?

    顔見られたくないという密告者だけど、警察なんだから、何とかしてちゃんと顔みとけよ。。(最近こんなことばかり言ってるかも!

    「蝕罪─警視庁失踪課・高城賢吾」と設定(詐欺事件)がかぶってましたねぇ。偶然続けて読んでしまったので、気になった。

全7件中 1 - 7件を表示

堂場瞬一の作品

熱欲を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

熱欲の作品紹介

DV(ドメスティック・バイオレンス)と悪徳マルチ商法。無関係に見えた二つの事件が捜査線上で繋がった時、青山署刑事・鳴沢了の長く熱い夏が始まった。NY市警の旧友との邂逅、関係者の怪死、ちらつく中国系マフィアの影。人間の欲望が渦巻く修理の世界を、鳴沢は一歩ずつ事件の核心へと近づいていく。その先に待つ哀しい真相に向かって-。鳴沢了シリーズ第三弾。白熱の警察小説。

熱欲の文庫

ツイートする