逃亡くそたわけ

  • 411人登録
  • 3.38評価
    • (32)
    • (73)
    • (164)
    • (15)
    • (6)
  • 106レビュー
著者 : 絲山秋子
  • 中央公論新社 (2005年2月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120036149

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
荻原 浩
西 加奈子
奥田 英朗
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
三崎 亜記
山田 詠美
伊坂 幸太郎
奥田 英朗
絲山 秋子
村上 春樹
江國 香織
角田 光代
瀬尾 まいこ
絲山 秋子
瀬尾 まいこ
絲山 秋子
瀬尾 まいこ
有効な右矢印 無効な右矢印

逃亡くそたわけの感想・レビュー・書評

  • 「逃げろ」、とも、「逃げられない」、とも「逃げちゃダメだ」、とも書かないというのは、きっと文学にしかできないんだろうな。花ちゃんの博多弁の響きが心地いい。この一冊で絲山サンにノックアウトされました。

  • いつも行く図書館でやっていた名古屋が舞台の小説や地名が出てくる小説を集めた企画
    『小説で楽しむ名古屋』で借りたもの。

    博多出身の21歳、精神病院に躁鬱病のために入院している花ちゃんと
    同じ病院に鬱病で入院している名古屋出身の会社員なごやんが
    病院から抜け出した後のロードムービー。
    花ちゃんは変な言葉が頭の中で繰り返されるようになり
    薬に頼る生活をしていたが、自殺未遂し入院。
    なごやんは出身地の名古屋が嫌いで東京の大学に進学、
    卒業後、就職して博多に配属されたが鬱病になり入院。
    名古屋出身ということを患者仲間には隠していたが、ひょんなことからばれてしまい、
    『なごやん』という名古屋人にとっては親しみあるお菓子の名前のあだ名を付けられた。
    そんなふたりが博多から鹿児島まで南下し、短い夏の思い出を作る。
    オンボロ車のエアコンが故障したり、
    コンビにすらない辺鄙な山道に迷い、食事にもトイレにも困ったり、
    無免許運転したり、温泉旅館でのんびりしたり、高級ホテルに宿泊し豪華な食事をしたり・・・
    会話の中では方言が出てきて、移動する各地の有名なお菓子や郷土料理が出てきた。
    地元から出たことのない花ちゃんと、育った地元が嫌いで出てきたなごやん。
    そのふたりの価値観の違い・病気の回復などいろいろの織り交ぜてあって、とても面白かった。
    花ちゃんが感じるなごやんのやさしさはこの病気・旅があってこそ。
    このふたりの今後が知りたいな。

  • 映画が好きで読みました。

    精神病院から逃げ出した、花ちゃんとなごやん。ポンコツのルーチェに乗って、福岡から鹿児島へ。

    生まれも育ちも現住所も九州である九州人としては、多少違和感が拭えない箇所がちらほらあったり。

    映画の花ちゃんのエキセントリックな感じは小説ではあまり感じられず、少し残念でした。

    ただ、花ちゃんとなごやんの恋愛でも友達でもない微妙な関係がとても好ましかったです。

    二人の道が今後交わることはないんだろうな、と思うと少し切ない。

    病院を逃げ出したからって、病気から逃げることはできないし、何かしらの答えを得られるわけじゃない。けど、何だか救われた気持ちになる、読後感でした。

    あたしも21歳の夏を大事に過ごしたいと思います。

  • 精神科の入院先から脱走した鬱と躁の二人が九州を縦断する。
    メジャートランキランザーがバンバン出てくるのも臨場感をあげている。
    病人でありながら、自分が病人であることを自覚している二人は、一体何を感じたのか。
    なにも明確な答えは書いていないけど、なごやんの最後の言葉は読者に投げかけているのかもしれない。
    この作品自体が双極性障害そのもののようにできていて、なかなか面白い作りだと思う。
    開放の先には閉塞があり、人はそこを行ったり来たり。
    誰だって病気になっちゃうよ。

  • 読みながら絲山氏は博多出身なんだなと思ってました。プロフィールによると東京出身で、転勤で名古屋、福岡での勤務経験がありだそう。逆によそ者の目から見るからここまで書けるのでしょう。にしても、博多弁ほぼパーフェクト。ネイティブとしては、方言「しかぶる」と「まりかぶる」が出てきたところでは笑いましたねぇ。完璧に執拗に博多弁でしゃべる女(現実にはここまで博多弁を使いこなす女の子はいないんじゃないかな。だからそれは意味を際立たせるための手段なんだと思う)と、名古屋出身であることを嫌悪し東京出身と言い張る男が、九州を縦断、鹿児島(本島の)最南端へと逃亡するロードノベル。とにかくディテールの書き込みが面白い。

  • 精神病院から脱走し、南へ。
    合わないような、合うような、合わないような2人のあてのない旅。
    頭に浮かんだ景色や、匂い、光なんかが残る。
    2人の抱える色んな思い、苛立ち、焦燥なんかも。
    こういう小説がいい。

  • 青春小説。
    花ちゃんがかわいい。

  • 土地の描写がリアルだった。
    プラリバがある時代の西新にタイムスリップできて泣きそうだった。

  • 知人にすすめられて。
    躁病と鬱病の二人が精神病院から脱走し九州を逃亡するという話。
    とてもコミカルに描かれていて暗い雰囲気は一切なかった。
    方言でかかれてる話って苦手だったけど、わりとすらすら読めた。
    なごやんといきなり団子食べてみたい。
    九州いってみたいなと思った。

  • お!ロードムービーだ!映画も観てみたいなあ。

  • 映画だったら、こういう内容はロードムービーというのだけれど、小説だったらなんと言うのだろう。
    精神病院から逃げ出した若い男女のお話です。はじめは、もっと重い話を想像していたのですが、全然違って楽しく読むことができました。
    とにかく、二人ともとっても可愛らしいのです。二人の交わす会話が本当に微笑ましくて、こんなカップルいたらいいなあと思ってしまいます。特に、主人公の花ちゃんの方言がめちゃくちゃ可愛い。九州地方の方言がごちゃまぜになっているのですが、私自身が九州出身なので、すごく親近感がわきます。
    また、会話の中にはっとさせられるような台詞もあり、
    ただただ楽しいだけの小説でもないところが好きです。
    最初に精神病院の描写から入るので、どうしても精神病というフィルターを通して主人公達を見てしまうのですが、この小説を読むだけでも、彼女達の中に、楽しさ、苦しさ、真面目さ、冷静さ、優しさ、そして異常性などが混在していて、その時々によってその要素の一部分が強く顔を出したり隠れたりしていることがわかります。
    でも、それは精神病であろうがなかろうが誰でも同じことなので、確かに主人公は精神病ですが、描かれている心理は、すごく普遍的なものだと思います。

  • 今年 絲山さん よく読んでいるな。

  • 博多の精神病院から逃げ出した
    21歳の躁病の花ちゃん、24歳、うつ病のなごやん
    ふたりの哀しくも滑稽な逃亡劇

    一歩間違えると、かなりヘビイな内容になりそうだけど
    カラリとしてるところが秀逸
    まず書名からしてすごい(笑)

  • 図書館で一気に。
    読み終えたあと「タイトルが名古屋弁だ!」と気が付きました。遅い。方言を活字で読んだ経験はあまりなかったので(関西弁は、まあ、よくあるけれど)目で追っていて楽しかったです。知り合いに博多の人がいることもよかったのかな、アクセントがきちんとわかったし。名古屋弁はいちおう使い手だし…。
    躁と鬱の男女二人が、病院から、”かためられるような”薬から、故郷から、車を使って南のほうに逃亡する。言ってしまえばそれだけの話で劇的な何かがあるわけではないのですが、面白い。病気の影響と薬の副作用で、頭がぼんやりしていると思うのだけれど、そのなかでもこの逃亡の記憶だけは鮮やかに残るのではないかなと…残ってほしいなあ。

  • 方言っていろいろあるなー。

  • 鬱・躁鬱・統合失調症などの症状の実況放送って感じ。
    読んでて閉塞感を感じていたはずが、時おり爽快感も
    混ざる。

  • 体調が崩れ始める時期に読んでしまった。
    作品世界へ引き込まれつつ、現実に戻りつつ…しんどかったかな。

    薬からの逃亡所か、病気から来る将来への不安。焦燥。自殺未遂。
    個人個人の濃淡は有れど、非常に身に沁みるばかり。
    その中での二人の逃亡は辛く苦しい中にも、レモンのような爽快感が特徴的!

    夏の時期こそ是非、手に取ってみて。

    急に『なごやん』を食べたくなって、スーパーで1個売りの物を購入。
    名古屋弁がスタンダードなクセに、今迄一度も食べた事がなかった(苦笑)

  • 躁病の花ちゃんと鬱病のなごやん。
    九州に生まれ、その血を誇りに思う花ちゃんと名古屋から逃げた東京かぶれのなごやん。
    正反対な二人が一緒に精神病院から逃げ出した。
    博多から指宿まで、花ちゃんとなごやんの夏。

    冒頭の「亜麻布二十一エレは上衣一着に値する」の幻聴が怖すぎる。
    この言葉が花ちゃんの頭の中で響くたびに、焦燥感みたいなものがこちらにまで伝染してくるようで…。
    何から逃げてるのかも段々わからなくなってくる。
    テトロピンから?
    故郷から?
    誰かから?
    それとも自分から?
    The ピーズの曲の歌詞を少し変えて
    「気が触れても彼女と歩いてた」と歌われてたかど、その風景を想像すると、なんだか怖くて、悲しくて、切ない。まさしく花ちゃんとなごやんだ。
    そんな二人が色々とやらかしながらも最後に指宿でゆたーっとなるのがよかった。
    ちなみにゆたーっていうのは、世界をまるごと抱きしめたくなるような気持ちのことらしい。
    九州の言葉(なんていっしょくたにしてはいけないだろうけど)っていいですね。

  • 図書館にて。
    又吉さんの本で紹介されていて、前から気になっていたので手に取った。
    題名よりずっと明るさのある作品。
    いたわり合うようでもなく、恋愛でもなく、でもこういう関係って確かにある。
    逃げているようで楽しい旅のような、傷を負った二人の珍道中がくすりと笑えて楽しかった。

  • 芥川賞受賞作「沖で待つ」の前に執筆された作品とのこと。主人公が躁鬱病で、やたらその関係の薬の説明が詳しいと思ったら、作者が会社員をやめたきっかけがその病気らしい。細かいことはいろいろ気にせず、九州を南北に縦断する無茶な逃亡劇、ロードムービーさながらのスピード感が面白い。

  • ほんと「くそたわけっ」て言いたくなる日常に、少しの逃避行癖をトッピングしてくれたような感じ。

  • なんだろう、すごくなつかしい気分になった。九州になんて行ったことはないのに、その風景が頭の中で思い浮かんだ。花ちゃんとなごやんが逃げている中で、わたしもなんだかいっしょに逃げているような気分になった。
    精神病院から脱走した花ちゃんとなごやんが過ごした日々を読むと、センチメンタルな気分になるのだけど読後感はさわやかな気分になった。たしかにいただけない行為をしてしまった2人なんだけど、なんだか憎めないなあ。
    あとTheピーズの歌がすごくいい。沁みる。

    (168P)

  • 福岡の精神病院から逃げてきた男女が九州を南下する物語。
    かなり描写があるので精神病が苦手な人は読めないと思います。
    精神病の辛さも描かれてはいるが、鬱病を患いながらもどこかポジティブで包容力のあるなごやんに救われる思いのするやわらかな一冊。

    博多弁はいいなあ。

    the ピーズ 『どこへも帰らない』
    http://www.amazon.co.jp/どこへも帰らない-The-ピーズ/dp/B00005F7M5/ref=pd_sim_m_1

  • 再読。バイブル
    2012.2.9

    再読
    2015.2.8

全106件中 1 - 25件を表示

逃亡くそたわけに関連する談話室の質問

逃亡くそたわけを本棚に「読みたい」で登録しているひと

逃亡くそたわけを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

逃亡くそたわけを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

逃亡くそたわけを本棚に「積読」で登録しているひと

逃亡くそたわけのKindle版

ツイートする