告白

  • 1060人登録
  • 3.93評価
    • (254)
    • (116)
    • (223)
    • (21)
    • (10)
  • 214レビュー
著者 : 町田康
  • 中央公論新社 (2005年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (676ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120036217

告白の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 町田節の真骨頂。
    史実を元にして、一人の男の脳内を描ききる。
    独特の言い回し、粗野な世界観に脳内がぐるぐるする。
    全く知らない、想像もできない、他人の頭の中を覗き見た気持ち。

  • 勢い的にはピカレスク小説。「河内十人斬り」の浪曲が元ネタ。木戸熊太郎の思弁的な思考ゆえの哀しい話。作者は熊太郎の思弁をページにスペースなしに語らせているのだが、これが読んでて面倒くさい。

  • 軽妙洒脱な文章にのせられぐいぐい読み進めるが毎回最後に涙してしまう。傑作。

  • 熊太郎の思考に圧倒される。でも共感してしまう。
    河内十人斬りは知らなかったので、予備知識を入れないまま読んだ。

    口から出る言葉と、からだの中に渦巻いている思考が一致しない男、熊太郎。
    頭の中で散々考えたあげく、粋な言葉を選ぶはずが本当に言いたいことから要旨がずれてしまったり、それどころか「何考えてるかわからない」と同情の目を向けられるような言葉を発してしまったりする。行動も変。
    馬鹿にされ、騙され、利用されるばかり。
    もちろん自業自得のところもあるけど本当はかしこいのに。

    最終的に破滅へ向かっていくわけだけど、そこに至る思考がものすごく説得力がある。こんな自意識過剰、理解したくないのに、痛いほどわかる(ところもある。全部じゃないけど。)
    「人間失格」を読んだときのような気持ちになった。

    それにしても、町田康さんすごい。
    こういう思考回路を言葉で表してくれたことに、感謝。
    誰かに言いたいけど言ったら確実に面倒くさがられ引かれてしまうだろうから言えずにいた気持ちが、活字になっていた。
    小説の内容というより、私にはそっちの方が感動です。

    凄惨なシーンですら、「あひゃーん」には吹いた。笑いどころも多い。
    河内弁でしゃべりたくなる。
    熊次郎がとにかく憎らしい。白こすぎるんじゃ、ぼけ。

  • 熊太郎ができなかったことをやってのける町田康
    結局、「本当の本当の本当のところの自分の思い」は言葉にできない。ないんじゃなくて
    言葉と自己

  • 分厚い本ですな。読む前にちょっぴりビビりましたよ。
    最近、読書意欲がないんでね。

    しかし読み始めてしまえば、一気に世界に引きずり込まれます。
    言葉の使い方が個性的で独特。
    形式的なものがない迫力ある文章。
    コミカルであり殺伐たる雰囲気もあり、しめりっけのある映像も
    イメージされ空気感も混沌としています。

    内容としては、実際の事件
    大阪河内地方の大量殺人事件を題材にしております。
    なんで殺したのか、を加害者となる熊太郎の幼いころからを振り返り
    そこに至るまでの話を書いてある。

    そして、私が読んで感じたのは、熊太郎自身は思弁的すぎるがゆえに
    他人とうまくコミュニケーションがとれないと思っているが、
    熊太郎は今で言うアスペルガー症候群なんじゃないかな。
    誰にも理解されず苦しみ、上手く事が運ばない。
    今の時代だったら、言葉を導いてくれて、コミュニケーションのとりかたも
    練習もさせてくれて、薬もあたえてくれる。
    昔は、変な人ですまされていた人も
    今なら、ちょっとした対応で周りからも理解を得られ
    本人もそこまで苦しまずにすむ。
    アスペルガーだから人を殺したというわけではない。
    そういう熊太郎を騙して利用して無下にした結果ということだ。
    普通の人だったら、そこに至るまでに回避することも
    怒りをあらわにすることもできるのに、
    熊太郎には出来なかったということだ。



    ( ・_ゝ・)<今まで言わなかった本心を語る熊太郎。

  • なげー。

  • 「自分の思想と言語が合一するとき自分は滅亡する」

    人間のほとんどが自分の本心を上手く器用に隠してきれいに整えて言葉に表し、それで人付き合いをしている。しかもそれを無意識のうちに。
    主人公の熊太郎がそれができなくて苦悩し、自分の本心と向かい合い、突き詰めていった最期の時に思ったこと……。

    この苦悩をぜーーーんぶ、文章で表現した町田さんはすごい。
    すごいなんて言葉じゃ薄いな。すいません。

    本当に自分にとって重く深いテーマであるが、要所要所に笑いのツボをついてくる描写が多いのも最高。笑える!
    人生で一番の本に出会ってしまった。

  • 町田康作品の中でも、主人公の城戸熊太郎に圧倒的な感情移入をしてしまい、最後の河内十人切りにいたる前に、あまりにも読んでいられなくなって一旦本を閉じてしまったほどだった。

    他の町田作品だと、お話しが短いのと、主人公がだいたい破天荒というか真面目なんだけどどこか突き抜けてはちゃめちゃで、ここまでのシンパシーを感じることはなかった。今年一番響いた作品になりそうな予感がする。

    でも、この「告白」の主人公熊太郎は思弁的な自己を表現する言葉を持たず、何気なく反対の行動を取ってしまってもごく僅かの友人を除いては誰にも理解をされないどころか侮蔑される。その心理描写における思弁的な言い訳の仕方が、またあまりにも分かる気がするる。

    たとえば、海外に行ったとして、ふと目の前に見かけた吉野家に入る際に「いや自分は吉野家が食べたいと感じて今まさに入らんとしているのだが、なるほど海外に来てまで吉野家を食べるのはどうか、せっかくだから現地の料理を探索すべしという考えにも一理あるだろう。いやしかしながら、そういったステレオタイプな言説に惑わされることはなく、自分はただ安易に吉野家にはいるのではなく、あえて海外で吉野家を食らい、自分のスタイルを安易に変えずに苦節を自ら呼び込む男であることを示しているのだ。などと考えてはみたが正味誰もそんなこと気にしないか」のようなことを考える。

    考えるだけ、考える。結局行動は変わらないのである。

    そりゃその中身を理解されないのが当たり前な行動を取っているんだが、その理解のされなさ加減が無性に悲しくなり、何かしら信じていたことも覆され、信じていた僅かの人間もいなくなり、結局誰からも孤絶して、最後の最後まで「本当のこと」を口にすることができない。

    人は、自己を伝えきれるのか。結局は孤独に生まれ、孤絶へと向かうのか。
    そんな問いを町田節で時代劇風に読みやすく書ききった名作だった。

  • さみしい話。
    でも、なんとなく元気も出る話。

全214件中 1 - 10件を表示

町田康の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

告白に関連する談話室の質問

告白に関連するまとめ

告白を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

告白を本棚に「積読」で登録しているひと

告白の文庫

告白のKindle版

ツイートする