新訳 星の王子さま

  • 102人登録
  • 3.81評価
    • (17)
    • (10)
    • (25)
    • (1)
    • (0)
  • 33レビュー
  • 中央公論新社 (2005年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120036439

新訳 星の王子さまの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何か不思議な透明感のある文章。児童書というか絵本というか、雰囲気を楽しむためのおはなしかな。

    この本について「大切なものは目に見えないんだ!」「大人は実利的なものにこだわりすぎだ!」とか言い始めるとウソっぽくなってしまうので、そういうことは書きたくないと思う。

    お利口になる前に読んでおいたら、また感じも違っただろうにと思う。

  • 買いたい!!何度読んでも発見があるだろう。

  • 仏語原作の素顔が伝わる、おとなになっても読みたい永遠の名作。

  • 読んだときの自分の状況や気にかかっていることに応じて、
    心にひっかかるフレーズが変わりそうな本。

    今回私の心に残ったのは、以下2点。
    ・狐が言っていた「唯一の存在」とは。
    ・王子さまが言っていた「『自分』にとって何が大切か」。

  • 初めて読んだ位の印象の違い

  • 訳が堅い.挿絵が薄い

  • 「いちばん大切なことは目に見えない」

    使い古された文句だから、おそらくこの本を読む前の私なら「はいはい、わかったわかった」と聞き流していたと思う。

    子どもの頃に手にとってはみたものの、ものすごく退屈で数ページで挫折したこの本、

    改めて読んでみるとすごく深くて衝撃的だった。
    この作品は「大人のための、人生の教科書」だと思う。

    一番印象的だったのは狐の言葉。

    ・「なつく」というのは絆を結ぶこと。
    ・麦畑に興味はないけど、もし麦畑のように金色の髪をした君になついたら、きっと麦畑を通り抜ける風のことまで好きになる。


    王子様を通して今の自分や人生そのものについて一から考えさせられる感覚…

    この気持ちをうまく表現できる言葉が見つからなくてもどかしいけれど、一言でいうならば『星の王子様』は私の数少ないバイブルの一つといえる。

  • 請求記号:953.7サ
    資料番号:010767804

  • 小学生の時に読んで。全然面白くもなんとも思わなかった。箱根の星のおうじさまミュージアムに行ったときに、フランス語の勉強になるかもと買った本と購入して読み直し。小学生じゃ無理だわ。

  • 装丁がオシャレ。

    読むたびに感じることが変わる気がする。

全33件中 1 - 10件を表示

アントワーヌ・ドサン=テグジュペリの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スペンサー ジョ...
遠藤 周作
湊 かなえ
ミヒャエル・エン...
村上 春樹
サン=テグジュペ...
三浦 しをん
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

新訳 星の王子さまを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新訳 星の王子さまを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新訳 星の王子さまを本棚に「積読」で登録しているひと

新訳 星の王子さまのKindle版

新訳 星の王子さまの文庫

ツイートする