続々と経験を盗め

  • 76人登録
  • 3.77評価
    • (6)
    • (15)
    • (14)
    • (0)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 糸井重里
  • 中央公論新社 (2006年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120036989

続々と経験を盗めの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 40歳を超えたら読むとよいかもしれません。

    禁煙するには!?

    歩くには!?

    浅香さんはサルが好き!?

    どれかのカテゴリーに興味が持てるとおもいますよ。

  • その道の方との鼎談集。分野が多岐で興味も様々、面白い一冊でした。
    盗む以前に基礎からどうにかしなくちゃ、と思いながらも、影響の恩恵には預かりたくなりました。
    とりあえずは落語に行きたいです。寄席じゃなくて。ああでも水族館にも行きたい歩き方も考えて、トイレにも…って、パンパに影響受け過ぎだって。

  • タイトル通り、その道のプロフェッショナルの方から様々な経験を盗める本です。
    座談会型式で書かれていますので、
    素人でも十分理解できる内容となっています。

    そのジャンルに全く興味がない状況なのに
    読み終えた頃には気になっている…というのは
    やはり糸井さんマジックなのでしょうか。

    人生の幅が少し広がった気がしました。

  • 糸井重里氏の鼎談集.
    2人のゲストとともに,あるテーマについて話を繰り広げていく.

    糸井氏とゲスト2人によって繰り広げられるトークから,いろんな知識がひきだされていて,「へーそうなんだ!」と何回うなったことか.

    「経験」というよりも「雑学」を学んだように感じる.

  • こんなにシリーズ化されているとは知らなかった。花粉症の話とか、いろいろとためになりました。あと、落語もまた暇を見つけてちょくちょく聴きたいなあと思ったり。

  • 第1巻はすごく面白かった。ネタ切れかもしれない。

  • このシリーズ読むの2作目。やっぱりおもしろいなぁ。
    一番驚いたことは、虫歯が感染病だっていうこと!
    あとはゴリラの懐のデカさとか、豪雨は天気が不安定なわけじゃないとか、豆腐に納豆をまぶしておくと納豆豆腐になるとか、しゃべり上手は記憶が武器・聞き上手は忘却力とか・・・目からうろこが落ちまくりの楽しい本でした。

  • 面白い。どの鼎談も面白くて、ちょっとためになる。歯に関する鼎談はためになった。歯の健康は、体の健康。あと、デュークさん。

  • 2008.07.06. 落語が聞きたくなりました。水族館に行きたくなりました。やっぱり、自分の好きなことを突き詰めてる人たちって魅力的。

  • 温暖化のトピックに関して。CO2濃度の上昇は気温上昇よりも後であるというデータが示されていることを初めて知った(C.D.Keeling,1989)。

全13件中 1 - 10件を表示

糸井重里の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
糸井 重里
有川 浩
湊 かなえ
ほぼ日刊イトイ新...
有効な右矢印 無効な右矢印

続々と経験を盗めを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

続々と経験を盗めを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

続々と経験を盗めはこんな本です

ツイートする