四十一炮〈上〉

  • 20人登録
  • 3.80評価
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 莫言
制作 : 莫 言  吉田 富夫 
  • 中央公論新社 (2006年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120037115

四十一炮〈上〉の感想・レビュー・書評

  • 食肉加工を専業とする「落とし」の村で生まれ育った羅小通(ルオシャオトン)を主人公とする物語。一炮から四十一炮まで41パートに分かれているが,各パートの中でも主人公が10年後に「和尚さま」を相手に語る部分と,10年前の幼少時代の話が並列しており,特に前者は幻想的でどこまで本当でどこから嘘なのかも曖昧な形になっている。

    幼少時代のストーリーは莫言らしい土俗的なものだが,上巻では特に「野生ラバ」おばさんと父親が駆け落ちした後,母親と貧乏暮らしする話が中心。突然父親が「妹」を連れて帰ってくるあたりから話が急展開を始めるが,上巻はそこに辿りつくまでがちょっとまだるっこしい。

    下巻は主人公が「肉」と会話できるようになり,幼少期のストーリーは俄然面白くなってくる。一方で10年後の方はエロチックな妄想も増えどんどん訳がわからないことに。

    まあとにかく語りの面白さでは右にでるものがない小説。百聞は一見にしかず。読むしかない。

全1件中 1 - 1件を表示
ツイートする